スポンサーリンク

【オッズ表回顧】荒れた安田記念(GⅠ)を振り返る(2017年6月4日)

オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

あれよあれよと気が付けば水曜日。

年を取ると時間の経過が本当に早く感じられます。

安田記念(GⅠ)が終わり、いよいよ夏競馬という感じがしてきましたね。

言うまでもなく夏競馬はローカル競馬場が中心で、例年過激な異常オッズが発生します。

非常に楽しみですが、個人的にはつい調子に乗って馬券を買いすぎてしまう危険なシーズンという認識の方が強い(笑)。

そのため、今年は規律を作り、それをきちんと順守していこうと思っている次第です。

ホットな夏をクールに乗り切ろう!

もちろん、「勝負!」と感じた時はそんな規律など無視しますが(←だからダメなんだよ!)

 

さて今回は、先週行われた安田記念(GⅠ)のオッズ表を振り返ります。

ダービーに引き続き、カスリはしたものの馬券的には惨敗でした。

スポンサーリンク

2017年6月4日()安田記念(GⅠ)のオッズ表

こちらです。

単勝30.0倍未満の頭数が11頭で×、馬連1番人気(15-8)が9.4倍で×ですから、堅く収まるよりも荒れる可能性の方が高いレースです。

ただ、A群とB群の順位変動がほとんど見られず安定していますので、極端に荒れる可能性は低そうです。

馬連10位に馬連と単勝で揃った断層がありますので、この断層の手前の馬を中心視すべきでしょう。

 

当日公開した予想がこちらです。

本日の勝負レース

東京11R 安田記念(GⅠ)

◎⑮⑧、○⑭⑯

毎年のように荒れるレースですが、ここ5年は1、2番人気が堅実に走っています。

ということで、◎は⑮イスラボニータと⑧エアスピネルにしました。

イスラボニータは枠がやや不利ですが、C.ルメール騎手に乗り替わってからの実績には目を見張るものがありますし、今回も神騎乗に期待したいと思います。

エアスピネルは58キロの斤量が未知数ですし、ベストは京都ですが、枠が良く展開も向きそうです。また、前日朝一のオッズではイスラボニータより複勝オッズが低かったです。

○には⑭と⑯を選択しました。

本来なら10位の断層手前の⑫⑪を対抗評価とすべきところですが、今回は前日朝一のオッズ表を重視してみました(それが裏目に出ないといいけど……)。

⑭サトノアラジンは不運が続いて人気を裏切ってきましたが、今回は買いの材料(良馬場、外枠)が揃っています。オッズ表的にも面白いです。あとは展開次第、川田騎手の乗り方次第ですが、相変わらず後ろから行くのでしょう。大外を回して突っ込んでくれることに期待します。

⑯ロゴタイプは枠が痛いですし、オッズ表的にも強調材料はあまり無いのですが、今年もペースはそれほど速くならないと思うので、馬券圏内に粘ってくれることを期待します。

馬券は3連単マルチで!思わぬ穴馬が台頭した時の棚ぼた好配当を狙います。クラレントやロジチャリスが来てくれたら嬉しいですが、ちょっと厳しいですかね~。

3連単軸2頭マルチ

軸馬:15,14
相手:04,05,06,07,08,10,11,12,13,16,17,18(72点)

軸馬:15,16
相手:04,05,06,07,08,10,11,12,13,14,17,18(72点)

軸馬:08,14
相手:04,05,06,07,11,10,12,13,16,17,18(66点)

軸馬:08,16
相手:04,05,06,07,11,10,12,13,14,17,18(66点)

【予想&買い目】安田記念(GⅠ)、グリーンステークスほか(2017年6月4日)

う~ん、何とも惜しい予想です。

反省すべきはとにかく、イスラボニータとエアスピネルを本命にしてしまったことです。

パトロールビデオを見ると鮮明に分かりますが、両馬とも直線でスペースがなく、追い出しのタイミングがかなり遅れています。

まぁそれを事前に予想するのは至難の業ですが、C.ルメール騎手を買った時に限ってこのありさまですから、本当に嫌になります(苦笑)

 

さらに後味が悪いのは、対抗評価で挙げたサトノアラジンとロゴタイプのワンツーで決まったことです。

この2頭を本命にして幅広く相手を取っていれば……。

いつもそのような買い方をするのに、今回に限って人気馬を本命にするという失態を犯してしまいました。

きっと、堅く収まってしまったダービーの後遺症です。

また、3週連続でGⅠを勝ったC.ルメール騎手に対する先入観もありました。

4週連続GⅠ制覇は確率的に相当厳しいと分かっていても、「また普通に来るんじゃないの?」と安易に予想してしまいました。

3つ連続で「押す」のドアが続いたら、次のドアもやっぱり押しちゃうでしょ?みたいな。

 

サトノアラジンとロゴタイプを評価した理由

それはさておき、⑭⑯を評価した理由を述べておきます。

改めて当日のオッズ表(一部抜粋)がこちらです。

本来であれば10位の断層直前に位置する⑫⑪を軸馬にするところですが、今回は前日朝一のオッズ表から⑭⑯の方を評価しました。

では、前日朝一のオッズ表(一部抜粋)を見てみましょう。

こちらです。

⑭サトノアラジンには、「複勝上昇」という分かりやすい買いの根拠がありますね。

この時点よりさらに前、土曜早朝には複勝の上限が2倍台と売れていましたので、ある程度まとまった金額の投票があったと推測されます。

⑯ロゴタイプはオッズ的な強調材料はありませんが、その後ろの穴馬(⑪⑰⑤⑬)のオッズが芳しくないですし、単勝9位の位置に小さいながらも断層があるので、繰り上がりで評価したのでした。

 

3連単はやっぱり難しい!

以上の通り、前日朝一のオッズ表を見れば比較的容易なレースだったかなと思います。

ですから、なおさら馬券が獲れなかったのが悔しくて悔しくて、週明けの月曜日、火曜日はオッズ表を見る気にもなれませんでした(苦笑)。

馬券が外れたことの直接的な原因ではありませんが、やっぱり3連単は難しいですね。

夏競馬も始まることですし、しばらくは脱・3連単!でやってみようかなぁと思う今日この頃なのでした。

 

それでは、今回はこの辺で。


PAGE TOP