スポンサーリンク

負けを取り戻すために大勝負!やけくそ馬券で払戻41万!

2016年11月12日的中実績, オッズ表回顧, 馬券のヒント

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

昨日、一昨日と、宝塚記念(GⅠ)が行われた2016年6月26日()の東京12Rを取り上げました。

 

その東京12Rでは、④アンプラグドの単複をしこたま買ったのでした。

(馬券はこちら)

baken

ただ、いくら私とて毎度こんなに勝負するわけではありません。

実は、東京12Rでこのような勝負ができた最大の理由は、その1つ前のレース(東京11R)で大勝ちすることができたからなのです。

そこで今回は、大勝ちを収めた2016年6月26日()東京11R パラダイスステークスの馬券と予想を回顧したいと思います。

 

スポンサーリンク

2016年6月26日(日)東京11Rで馬連万馬券13,680円的中!

購入馬券

こちらです。

baken2

馬連19点の購入ですが、1点あたり何と3,000円、合計57,000円も買ってしまいました(爆)

何故こんなに買ったのかという話は後回しにして、払戻は410,400円(約41万円)、回収率は720%となりました。

一応、万馬券的中証明書も載せてきます。

5

 

オッズ表

いつも通りオッズ表を載せておきます。

こちら。

※レース当日午前9時30分時点のオッズを元に作成

1 2 3

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

レース結果は以下の通りとなりました。

1着①マイネルアウラート
2着⑦ゴールデンナンバー
3着⑤ウエスタンメルシー

馬連13,680円、3連複88,640円、3連単452,660円という好配当になりました。

抜けた1番人気⑨が馬券圏外に消えたため、配当が跳ね上がったというわけですね。

 

予想の回顧

では、オッズ表を見ながら予想の回顧をしたいと思います。

1

まず、単勝30.0倍未満の頭数が11頭います。これは完全に穴レースの兆候ですね。

次に、1番人気⑨ミッキーラブソングのところに馬連・単勝ともに大きな断層があるのが目に止まりますが、その断層を除けば馬連11位、12位まで目立った断層がなく、下位人気馬までダラダラとしたオッズが続いていることが分かります。

また、全体的に馬連と単勝での順位変動が多く発生しており、何となくC群(馬連9位~12位)あたりの穴馬が馬券に絡みそうな感じを受けます。

 

そこでC群各馬(⑤⑪⑦⑥)のオッズを見ると、特に⑤と⑦は十分馬券圏内のオッズでした。

最終的に⑪と⑦を軸に選んだわけですが、いま振り返ると何故⑤ではなくて⑪を軸に選んだのか、よく分かりません。

⑪は複勝オッズの上限が8.0倍ついており、馬連の軸としては少々心許ないのに・・・。

 

いずれにしても、このレースの鍵は1番人気⑨が馬券に絡むかどうか、ですよね。

1番人気⑨の単勝オッズ、複勝オッズは低めですが、馬連1番人気9-1のオッズが7.0倍とやや高めであることと、全体的なバランスがいまひとつであることを考えると、馬券圏外になったとしてもおかしくないな、と思いました。

・・・が、微妙ですよね~。

はっきり言って、分からない(笑)

分からないので、「馬券圏外に飛んで!」、「せめて1、2着は外して!」と願って、穴馬⑪⑦からの馬連をエイヤーで購入したのでした。

 

その願いが通じたのか、1番人気⑨は4コーナーでも最後方の上に早々とムチも入り、結局8着に惨敗。

一方の軸馬は、⑪が直線外でいっぱいになった頃、インからスルスルと⑦が伸びて2着を確保!見事、馬連万馬券的中となりました!

 

余談:なぜ1点3,000円、合計57,000円も購入したのか?

最後に余談ですが、東京11R パラダイスステークスで合計57,000円分も馬連を購入した理由をお話したいと思います。

ひとことで言うと、負けが込んでいたから!です・・・。

 

そもそも、皆さんはどんな時に馬券で「勝負」しますか?

 

私の場合は、だいたい次の3パターンでしょうか。

  1. 資金に余裕のある時。具体的には、その日の馬券成績が良く、「これならちょっとくらい無茶しても大丈夫だぜぃ!」と強気になれる時。
  2. 自信のあるレースや、自分の中での絶対的◎がいるレース。
  3. 負けが込んで、その負けを取り返そうとアツくなった時。

 

東京11Rでの勝負は、上記3のパターンでした。

破滅パターンですね(笑)

 

その日は阪神9R、函館8R、函館11Rを買っていましたが、全てハズレ。

軸馬は馬券に絡むものの、2、3着流しで買った馬が1着になってしまったり、逆に1、2着流しで買った馬が3着止まりになるなど、どうにも歯痒いレースが続きました。

(予想はこちら)

 

函館11Rを観戦し、ハズレを確認した瞬間です。

頭に血が上り、「こんちくしょう!もうどうにでもなれっ!」とアツくなってしまいました。

そして、狂ったように買う予定のなかった東京11Rを慌てて購入したのですが、アツくなった分、購入金額も跳ね上がってしまったというわけです。

 

今回はそれがたまたま良い結果になり、続く東京12Rでも勝負することができましたが、こういう場合は大抵痛い思いをするものです。

こわっ・・・。

 

さて、今週からいよいよ夏競馬が始まりますね!

「負けを取り返すための勝負」を避けられるよう、より一層予想に力を入れて、長い夏競馬を何とか無事に乗り切りたいものです。

 

以上、下品な話ですみませんでした。

今回はここまでにします。


PAGE TOP