スポンサーリンク

【的中実績】3連複17,290円、18,140円的中!(2016年7月2日、7月3日)

2016年7月5日的中実績

土日の的中実績をご報告いたします。

 

スポンサーリンク

2016年7月2日(土)

中京8R(3連複17,290円的中!)

この日の勝負レースでしたが、購入馬券はこちら。

8

 

レース当日午前9時30分時点のオッズ表がこちらです。

1 2 3

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

オッズ表を見ると、馬連11位の④が単勝5位に上昇しているのが目に止まります。

騎手はC.ルメールでしたので即決で軸にしました。

 

レースでは直線外から④が一頭だけ違う脚色で伸びてきましたが、前が止まらず3着まで。

3連単は的中ならずでした。

道中もう少し前のポジションだったら・・・と思いましたが、まぁ仕方ないです。

 

3連複では押さえのつもりで②も軸にしましたが、④の1頭軸で良かったかもしれませんね。

いずれにしても、1~3番人気が全て馬券圏外となったレースで3連複を獲ることができたのはラッキーでした。

もっとも、単純に④の複勝を買った方が回収率は高かったですが・・・。

(予想記事はこちら)

 

2016年7月3日(日)

中京11R CBC賞(3連複18,140円的中!)

購入馬券はこちら。

9

 

レース当日午前9時30分時点のオッズ表がこちらです。

4 5 6

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

結果はご存知の通り、

1着⑪レッドファルクス
2着⑦ラヴァーズポイント
3着⑤ベルカント

となり、配当は馬連11,420円、3連複18,140円、3連単136,160円の好配当になりました。

1番人気②エイシンブルズアイは馬場を読んでか道中前につけましたが、9着に敗れてしまいました。

 

このレース、単勝オッズ30.0倍未満の馬が11頭と多く、穴レースの傾向を示していました。

4

上位人気馬から順に見ていきましょう。

1、2番人気②⑤が若干抜けてはいますが、決して信頼できるオッズではないため、2頭とも馬券圏外になることまで想定して馬券を買いました。

結果的には⑤が3着に残ってしまいましたが、アプローチとしては良かったと思います。

 

次に馬連6位に2.03の大きさの断層がありますが、同じ位置の単勝の断層は1.54とそれほど大きくありませんので、ここは突破すると判断しました。

 

そして穴馬C群です。

馬連11位の5.55の断層、ここがストップ断層で間違いありませんので、その手前のC群3頭⑦⑫⑥を軸馬にしました。

中でも⑦が筆頭だと考え、一番期待していました。

⑫⑥と比べると単複オッズが低いですし、ワイドマトリクス表で⑦の直後に断層が幾つか出来ているからです。

こんな感じで。

7

こうして見ると⑦はワイドの売れ行きが良いですね。

(灰色やオレンジの箇所は、オッズの逆転現象が起きていることを示しています)

⑦は斤量も軽かったですし、2着に粘ったのも納得ですね。

(予想記事はこちら)

pz-linkcard: Incorrect URL specification.

 

ところで、改めてオッズ表を見ると、3連複の買い目をもっと絞り込めたかなと思います。

4

まず馬連6位の断層手前の上位人気馬から2頭は絡む、とします。

そして、1、2番人気②⑤のうちどちらか一方が絡み、どちらか一方は馬券圏外になるとすれば、3連複フォーメーションは、

軸馬(穴馬)-②⑤-③⑩⑪⑨

という買い目になりますね。

 

軸馬(穴馬)は⑦⑫⑥のうち複勝オッズが高めの⑫をカットして⑦⑥とすれば、

⑦⑥-②⑤-③⑩⑪⑨という3連複フォーメーション(16点)の完成です。

 

さらに、軸馬は⑦の1頭で勝負!と英断できれば、⑦-②⑤-③⑩⑪⑨の8点で3連複18,140円を的中させることも可能です。

 

開幕週の芝コースは前が止まりませんでした。

後ろから行く最重量ハンデ馬③スノードラゴンをカットできればさらに点数を絞ることができ、⑦-②⑤-⑩⑪⑨というたった6点でOKでした。

 

・・・なんて、終わった後では何とでも言えます(笑)

でも、こういう少ない点数でビシっと的中できる人ってカッコいいですよね。

 

以上、今週の的中実績でした。


PAGE TOP