スポンサーリンク

【的中実績】関屋記念(GⅢ)馬単的中も、馬券の買い方が下手過ぎてトータルで負け!(2016年8月13日、8月14日)

2016年8月16日的中実績

オッズ馬券師あなうまさんです。

土日の的中実績をご報告いたします。

 

土日全体の成績は9戦4勝で的中率こそ44%でしたが、回収率は100%を下回ってしまいました。

ほぼ半分のレースが的中したのに負ける、という何とも不可思議で情けない結果です。

 

敗因は、「勝負レースの選択(資金配分)が下手すぎ」のひとことに尽きます。

特に日曜日がダメで、勝負!と思ってそれなりの金額を張ったレースは当らず、僅かな金額しか買っていなかったレースが当たる、というチグハグな結果になってしまいました。

う~ん・・・、何か対策が必要ですね。

 

ぼちぼち考えるとして、ひとまず的中馬券とオッズ表を見ていきましょう。

特に断りがない限り、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のオッズを元に作成したものです。

また、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

スポンサーリンク

2016年8月13日(土)

まずは土曜日から。

この日は3場8R~12Rの合計15レースのうち、6レースで馬連1番人気のオッズが5.0倍を切っていました。

穴馬から買いたくなるようなレースがなく、仕方がないので人気馬の単勝を買って遊ぶことにしました。

(予想はこちら)

 

札幌10R コスモス賞(単勝180円的中!)

購入馬券はこちら。

土曜札幌10馬券

オッズ表はこちらです。

土曜札幌10

馬連1番人気(9-4)のオッズが2.0倍と極めて低く、⑨④のどちらかが1着になることは明白です。

問題は⑨と④どちらの単勝を買うかですが、複勝オッズが断然売れている⑨を選びました。

たったこれだけの予想で180円の配当(=回収率180%)は、美味しいと思います。

 

札幌12R 知床特別(単勝220円的中!)

購入馬券はこちら。

土曜札幌12馬券

オッズ表はこちらです。

土曜札幌12

馬連1番人気(12-8)のオッズが2.6倍と低いです。

よって、勝つのは⑫と⑧のどちらかだと判断できますが、このレースでもやはり複勝オッズが低い⑧を選びました。

最終的には⑧が1番人気となって配当も220円まで下がってしまいましたが、全く手間をかけていない予想ということもあり、十分満足できました。

 

10R 三面川特別(ハズレ)

購入馬券はこちら。

土曜新潟10馬券

オッズ表はこちらです。

土曜新潟10

こちらも全く同じ予想の仕方です。

馬連1番人気(3-4)のオッズが2.9倍と低いです。

勝つのは③④のどちらかと見て複勝オッズが低い③の単勝を買ったのですが、残念ながらハズレてしまいました。

よって、トータルでは3戦2勝、的中率67%、回収率は133%となりました。

もし1勝しかできなかったら負けていたので、ギリギリの結果と言えますね。

 

2016年8月14日(日)

日曜日です。

土曜日とは一変して荒れそうなレースが多かったです。

6鞍買い、そのうち2鞍で的中できました。

(予想はこちら)

 

新潟11R 関屋記念(GⅢ)(馬単7,220円的中も、1点100円しか購入しておらず儲け損ねる)

購入馬券はこちら。

日曜新潟11馬券

オッズ表はこちらです。

日曜新潟11

7位の⑫まで、馬連・単勝・複勝の順位が全て揃っています。

8位以降の馬はオッズが総じて高く、馬券圏内は厳しそうであるため、ストップ断層は7位の断層と判断しました。

軸馬を馬連4位の断層手前⑰④にするか、7位の断層手前⑨⑫にするか迷いましたが、どちらを選んでも的中できたレースでしたね。

私は馬連4位の断層手前⑰④を軸に馬単を購入することにしました。

過去5年の傾向を見た上で、勝つのは人気馬である可能性が高いと思ったからです。

(過去の傾向についてはこちらをどうぞ)

 

あまり自信がなかったため1点100円しか買わなかったのですが・・・大失敗!

見事馬単を的中でき、回収率は602%にもなりましたが、絶対的な金額で見るとわずか+6,020円です。

「1点1,000円買っていれば・・・」と思っても後の祭りですね。

 

とにかく、巷では「難しい」、「どの馬が勝つか分からない」と言われていましたが、オッズ表的には馬連4位、または7位の断層手前の馬を軸にするだけで獲れた、ものすごく簡単なレースでした。

的中、大儲けできた皆様、おめでとうございます。

 

小倉10R 西部日刊スポーツ杯(3連複11,220円的中!)

購入馬券はこちら。

日曜小倉10馬券

オッズ表はこちらです。

日曜小倉10

馬連10位の断層前後で「馬券圏内か圏外か」がくっきり分かれていますね。

馬連10位の断層手前⑤⑬を軸に、3連複を的中できました。

ただ、相手に人気馬が来てしまい、回収率は204%といまひとつでした。

馬連を買った方が良かったですね。

馬連フォーメーション⑤⑬-⑪⑱⑩⑰①⑨⑫④⑤(17点)で6,810円的中となり、回収率は401%でした。

馬連の相手をうまく絞り込めれば、もっと高い回収率になりますね。

 

レース毎に購入金額を変えるべきか?

最後に余談ですが、馬券の買い方について少し考察してみたいと思います。

 

レース毎に購入金額を変えるべきか否か。

この日曜日(2016年8月14日)、私はレース毎に購入金額を変えました。

例えば、札幌12R 報知杯大雪ハンデキャップ(勝負レース、ハズレ)では3連複70点×300円=合計21,000円買いました。

一方、馬単が的中して回収率602%にもなった関屋記念(GⅢ)では、合計1,200円しか買っていませんでした。

バカです(笑)

 

これを均等に、例えば次のようにしていたらどうだったでしょう?

ルール:購入金額(資金)は必ず1レース1万円以内とし、できるだけ1万円に近づける

  • 札幌12R 報知杯大雪ハンデキャップ→3連複70点、1点100円で合計7,000円の購入
  • 新潟11R 関屋記念(GⅢ)→馬単12点、1点800円で合計9,600円の購入

すると結果は、

  • 札幌12R 報知杯大雪ハンデキャップ→ハズレ、▲7,000円
  • 新潟11R 関屋記念(GⅢ)→的中!払戻57,760円、+48,160円

トータル+41,160円、となります。

このシュミレーションを見る限りでは、「購入金額は均等にした方が良い」という結論になりますよね。

 

しかし、レース毎に購入金額のメリハリをつけるというのも大事な戦略で、自信のあるレースで多額の馬券を買う、ということをしないと、いつまで経っても大きく勝つことはできません。

ですから、基本的にはレース毎に購入金額のメリハリをつけるべきだと思っています。

 

そこで大事になるのが、「勝負レース」(多額の馬券を買うレース)の選び方ですよね。

経験や知識をもとに、勝負レースの選び方についての明確なルール・基準のようなものを作るべきで、それが無いうちは勝負などしてはいけないのだと思います。

恥ずかしい限りですが、私にはルール・基準というものが無く、何となくで勝負レースを選んでいた、ということが今回はっきりと分かりました。

 

今後の課題ですね。

勝負レースの条件を決める!

 

ざっと考えてみましたが、勝負レースは少なくとも次の条件を満たしている必要があると思います。

  1. 軸馬に絶対の自信がある
  2. 儲かりそう(回収率が高くなりそう)→荒れるレースで穴馬が来る+上位人気馬が消える

 

・・・我ながら、大雑把で抽象的ですね~(苦笑)

 

もう少し具体的に言えば、儲かりそうなレースとは、買い目の合成オッズが高いレース、あるいは、期待値が高いレースということになると思います。

合成オッズや期待値の考え方をオッズ競馬予想に上手く取り入れることができれば、合理的で負けない馬券術が出来上がりそうな気がするのですが、試すことをしないまま今に至ってしまっています。

「なかなか時間が取れない」というのは言い訳でしかありませんので、少しずつでも研究に励んでいきたいですね。

とにかく、「勝負レースの条件」については、暫定でも良いのでさっさと作った方が良さそうです。

 

 

以上、長くなりましたが、土日の的中実績でした。

レース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、ぜひどうぞ!

 


PAGE TOP