スポンサーリンク

【的中実績】14点で3連複6,720円的中も、トータルでは負け・・・(2016年11月12日、13日)

的中実績

%e9%a6%ac%e5%88%b8%e8%b3%bc%e5%85%a5%e7%b5%90%e6%9e%9c

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

2016年11月19日()、20日()の的中実績をご報告いたします。

この2日間トータルでは少し負けてしまいましたが、軸馬1頭から3連複を的中できたレースもありました。

そのレースを中心に、土日のオッズ表を振り返っていきたいと思います。

 

以下、特に断りがない限りオッズ表は全てレース当日午前9時30分のオッズを元に作成したもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

スポンサーリンク

2016年11月19日(土)

まずは土曜日から。

公開した予想・買い目はこちらです。

 

馬場が渋って予想が難しい日でした。

穴党にとってはチャンスでもありますが、オッズ表を一通り眺めたところ買いたくなるレースがほとんどありませんでした。

そのため東京と福島のメインの2レースだけを軽く購入するにとどめました。

結果どちらもハズレでしたので、購入金額を抑えておいて良かったです。

 

ちなみにこの日本当に買うべきだったレースは、京都11R アンドロメダS京都12Rでした。

それでは、その京都11R アンドロメダSのオッズ表を簡単に振り返ってみたいと思います。

 

【参考】京都11R アンドロメダS(C群の穴馬から3連複6万馬券を的中可能だった)

オッズ表がこちらです。

kyoto11

単勝30.0倍未満が11頭で×、馬連1番人気(4-9)のオッズも10.0倍と高いですし、何より稍重+ハンデ戦という強力な外的要因です。

馬連8位に1.77の断層がありますが、同じ位置の単勝には断層がありませんし、馬連8位の断層を横断するように⑧が単勝8位に上昇、⑤が単勝9位に下落しています。

よって馬連8位の断層は“偽断層”ですので、C群(馬連9位~12位)以降の穴馬が絡むと見て良いでしょう!

 

・・・とここまでは順調に予想できたのですが、軸馬の選択を迷いに迷ったため、最終的に見送りとしてしました。

⑧②①③⑬など馬券圏内のオッズを示す穴馬がゴロゴロいますが、こうした穴馬の中から軸馬を選択するロジックを明確にしなければなりません。

いや、私の中では明確になっているのですが、現状のロジックだと結局どの馬も軸馬の資格を有していると判定されたため、絞り切れなかったんですよね・・・。

絞り込みの条件が緩すぎるんでしょうか(苦笑)

 

とにかく、このようにA群(馬連1位~4位)とB群(馬連5位~8位)に幾つか断層があるレースでC群以降の穴馬が絡むと、思いのほか配当が高くなります。

外的要因が強い場合には、積極的に狙いたいですね。

 

2016年11月20日(日)

日曜日にいきます。

公開した予想・買い目はこちら。

 

3場のメインレースを全て購入し、福島11R 福島民友カップを的中させることができました。

そんなことよりも、この日の話題はやはりマイルCS(GⅠ)での不利に尽きますよね。

ディサイファから買っていただけに、個人的には非常に後味の悪いレースでした。

 

GⅠレースのような売上の大きいレースで不利→加害馬の降着ナシとなった場合、いつも以上に勝ち組と負け組の分断が激しくなります。

加害馬(ミッキーアイル)が降着になったら困る的中組と、被害馬(サトノアラジンやディサイファ)から馬券を買っていた負け組の分断ですね。

私は後者負け組ということになりますが、「不利がなければ3着はあったかもしれないのに」と思うと、どうしても納得がいきません。

逆にミッキーアイルが降着になったら困る的中組の方は、「降着にならずに助かった!ラッキー!」と思ったことでしょう。

私も的中組の立場だったらそう思っていたに違いありません。

 

白か黒か、勝ちか負けか、的中かハズレか―。

JRAの降着ルールがどうあれ、勝負は勝負ですからね。

勝ちは勝ち、負けは負けということで、勝負事の残酷さというか、面白みを感じたレースでした。

とにかく馬券に関しては、勝てば官軍!

これだけは間違いないかと。

的中された方、おめでとうございます!

あー、悔しい。

そっちに入りたかったよ~!(笑)

 

さて、マイルCS(GⅠ)の話はこのくらいにして、的中した福島11R 福島民友カップのオッズ表と馬券を振り返っていきたいと思います。

 

福島11R 福島民友カップ(14点で3連複6,720円的中!)

オッズ表がこちらです。

fukushima

馬券がこちら。

baken

1点千円ですので払戻は67,200円、利益は53,200円となりました。

軸馬1頭のため点数が少なく済んだことが何よりでした。

 

改めてオッズ表を見てみましょう。

fukushima

単勝30.0倍未満の頭数が9頭で×判定ではありませんし、馬連1番人気(9-3)のオッズも6.7倍と低めです。

「荒れない」と判定されるレースですので、穴党としては本来見送るべきでした。

それでも購入した理由は、とにかく⑭が魅力的だったこと。

というか、軸馬として買える穴馬が⑭1頭しかいない、という点が魅力的だったためです。

 

やはり、馬券の点数は少ないに越したことはありませんよね。

 

ということで⑭を軸に3連複を購入して的中させることができましたが、ご覧の通り2着に馬連5位の⑫が入ったことで、3連複の配当(6,720円)よりも馬連の配当(8,310円)の方が高くなってしまいました・・・。

⑭は十分2着圏内のオッズですし、時系列オッズでもかなり優秀でしたので、馬連を買うべきだったなぁ・・・。

 

いずれにしても、このように軸馬を1頭に厳選できるレースは良いですね。

当たれば大きいですし、外れても損失が少なく済みます。

軸馬を2頭~3頭に増やしたところで外れる時はあっけなく外れるのが競馬ですから、今後の買い方を検討したいと思います。

 

それでは以上、土日の的中実績でした。

レース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、馬券の研究や回顧にぜひどうぞ!

 


PAGE TOP