スポンサーリンク

【的中実績】軸馬1頭から馬連・ワイド2点的中で払戻16万円!!(2016年12月3日、4日)

的中実績

%e9%a6%ac%e5%88%b8%e8%b3%bc%e5%85%a5%e7%b5%90%e6%9e%9c

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

ようやくClub A-PATが使えるようになりましたので、2016年12月3日()、4日()の的中実績をご報告いたします。

ってもう金曜じゃん!

普段あまり見ることのないClub A-PATですが、見れないとなるとやはり不便なものですねぇ。

 

さて、先週の土日は色々と用事があり、4日()は全休、まともに競馬ができたのは3日()の午後だけでした。

そんな中、3日()の中京12R 鳥羽特別で数少ないチャンスをものにすることができ、穴馬1頭から馬連・ワイドW的中、払戻はなんと16万円超えという久しぶりの大ヒットとなりました。

「勝ちに不思議の勝ちあり」と言いますが、この的中に関しては狙い通りと言って良いと思います。

 

それでは早速、そのレースのオッズ表と的中馬券を回顧していきます。

スポンサーリンク

2016年12月3日()中京12R 鳥羽特別(唯一買える穴馬から馬連・ワイドW的中で払戻総額は16万円オーバー!)

オッズ表がこちら。

chukyo12

的中馬券がこちらです。

まず、馬連6,540円を5点で的中!

これだけでも十分ですが、さらにワイドも1,810円と3,010円の2点をゲット!

合計1万5千円の購入で払戻は16万円オーバーとなり、回収率はなんと1078.6%となりました。

 

いやはや、軸馬1頭買いの威力は凄まじいですね。

例えばこれが軸馬2頭の場合、回収率は半分になってしまうわけですから。

改めてオッズ表を見てみましょう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

単勝30.0倍未満、複勝3.0倍未満、複勝4.0倍未満の全てが×です。

馬連1番人気(4-1)のオッズは7.0倍とそこまで高くはありませんが、④と①の単複オッズは全く信頼できないものですから、「馬連4-1は被り気味」と見るべきでしょう。

馬連4位の位置に2.03倍という大きめの断層がありますが、ご覧の通り同じ位置の単勝には全く断層がありませんし、断層手前⑰⑪の単複オッズも頼りないです。

つまり、断層としての役割をほとんど果たしていないということ。

以上に加えて開催変わり初日ということもあり、C群以降の穴馬が来ても全くおかしくないレースだと判断しました。

 

となればあとは穴馬から軸馬を選ぶだけですが、パッと見「⑩でいんじゃね?」という感じですよね。

強いてライバルを挙げると⑦ですが、単勝と複勝の順位は⑩の方が高いですし、馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表を見ると、⑩は灰色・オレンジの箇所が多くなっています。

ここは⑩に軍配!

ということで、⑩について軽く調べてみました。

この⑩テンテマリ(牝5)は地方出戻りの馬で、今回は酒井学騎手騎乗。

う~ん、いかにも穴馬っぽくて良いですねぇ。

前3走は全て5着以下に敗れていましたが、混合戦で着差も僅差です。

追い込み馬であるため展開や馬場に左右されそうですが、牝馬限定戦の今回は十分やれると思い、ファイナルアンサー、「⑩からGO!」です。

 

さて、相手は上位人気馬でOKですね。

荒れる要素がそれほど強くないので、単勝5位の断層を重視し、その手前の5頭としました。

相手に関しては出走表・馬柱は全く見ずにオッズ表だけで簡単に決めたわけですが、それだけで正確な判断ができる点は、オッズ競馬予想(オッズ理論)の大きな強みと言って良いでしょう。

 

改めて、最終的な馬券がこちらです。

以上見てきた通りの簡単な予想プロセスで馬連・ワイドW的中ですから、コスパ良すぎ!という感じ。

この日は他に勝負したレースもなく、翌12月4日()は一切馬券を買わなかったので、大勝ちのまま勝ち逃げとなりました。

 

オッズ表なら来る穴馬をあぶり出せる

ということで、やはり軸馬は1頭に限りますね。

以前にも軸馬1頭から3連複を的中できましたが、もう回収率が桁違いで、破壊力抜群です。

関連記事:【的中実績】14点で3連複6,720円的中も、トータルでは負け・・・(2016年11月12日、13日)

 

どうせ的中率の低い穴馬からの馬券を買っているわけですから、回収率を重視し、軸馬はなるべく1頭にする!

これは良さそう。

その際に大事なことは当然、荒れるレースを選ぶことと、その中で来る穴馬を正確に選び出すことですよね。

しかし、なかなか難しいことです。

何せ今回取り上げた中京12R 鳥羽特別で軸馬にした⑩テンテマリは最終オッズで単勝42.3倍という穴馬ですから、おそらくスポーツ新聞、競馬新聞ではポツポツと印が付いていた程度かと。

そのような馬を積極的に買うには、スポーツ新聞や競馬新聞を使った従来の予想方法とは違う観点が必要です。

手前味噌ですが、だからオッズ表を使う!というわけ。

 

上で詳しく予想プロセスを回顧した通り、オッズ表を見れば嫌でも⑩テンテマリに着目せざるを得ませんし、自信を持って勝負することができます。

・・・たとえ勘違いだとしても(笑)

いずれにしても、多くの馬券ファンが人気馬から買って撃沈する中、単勝オッズが40.0倍を超える穴馬からズバリ的中させ、ウン万円もの払戻金をゲットする快感は、他では得難いものでしょう。

だから競馬というバクチは辞められない(笑)

 

とにかく、オッズ表を使えばバクチが「投資」に変わります!

・・・なんてことは絶対に言いませんが、少なくともスポーツ新聞や競馬新聞では得られない観点でレースの構造をとらえて予想することが可能ですので、使い方次第ではものすごい武器になるハズ。

今回の的中は今後の馬券方針・馬券法を確立する上で、とても良いモデルケースになりました。

毎度このような感じで馬券を買えれば、向かうところ敵なし!なんですけどねぇ。

 

それでは以上、土日の的中実績でした。

今週末12月10日()、11日()もこの調子でいきたいものです。

明日のオッズ表をお楽しみに!


PAGE TOP