【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)

カテゴリー: 的中実績

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

先週土日の的中実績をご報告いたします。

タイトルにもありますが、日曜中京7Rで見事、3連単30万馬券を的中させることに成功しました!

的中証明書がこちらです。

もっと高い配当になることを期待していたので正直もの足りない気持ちもあるのですが、それでも十分な利益を確保できましたので、ここは素直に喜んでおきたいと思います。

 

詳しいことはこれから回顧していきたいと思いますが、最初に一言お伝えしておくと、この30万馬券的中は凄いことでも何でもありません。

もうねぇ、本当に泥臭い馬券ですよ(苦笑)

そんな下手な馬券ですが、どうぞ見てやってください。

そして、ぜひ他山の石にしていただき、スマートな馬券ライフをお送りください。

 

それでは、恥を忍んで書いていきたいと思います!

以下、特に断りがない限りオッズ表は全てレース当日午前9時30分のオッズを元に作成したもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

2016年12月17日(

まずは土曜日から。

公開した予想・買い目はこちらです。

 

この日は中山8R中京8R中京9R中京11R 中京日経賞の4鞍を購入しました。

いずれも穴馬から軸馬を1頭選び、馬連や3連複、3連単を購入しましたが、全滅!

とほほ・・・。

自分では厳選したつもりなのですが、軸馬は所詮穴馬ですからねぇ。

なかなかこちらの期待通りに走ってくれませんし、中京8Rでは軸馬がハナ差で3着に敗れるなど、運もありませんでした。

全体的に理想的な荒れ方をしたレースが少なく、穴党にとっては厳しい日だったと思います。

こういう日にいかに負けを少なくするか、という対策も大事ですね。

 

2016年12月18日(

日曜日にいきましょう。

公開した予想・買い目はこちらです。

 

この日は時間がなかったため、買い目はツイッターの方で公開しました。

よろしければこの機会にぜひフォローを。


 

さて、この日は阪神11R 朝日杯FS(GⅠ)中京11R 三河ステークス中山12Rの3鞍の買い目を公開しましたが、土曜日に続き全滅・・・。

阪神11R 朝日杯FS(GⅠ)は前日の時点で1番人気ミスエルテが危ないと見込んでいましたが、それだけでは馬券は獲れません。

狙いは悪くなかったのですが、軸馬の選択を誤って外れてしまいました。

 

それから中山12Rでは、ふと思うところがあって3連単の軸2頭マルチを購入。

すると何と!軸馬にした計3頭が3、4、5着になるという結果に(笑)

負けは負けですが、「ふと思った」その根拠があながち間違いではないことが証明された気がして、少しだけ嬉しくなりました。

 

う~ん、それにしても公開した馬券がことごとく外れると、やはりショックですね。

買い目の公開がプレッシャーになるほど閲覧数(PV数)も多くないですし、いつも通り自然体でやっているつもりなのですが・・・。

あ、そのいつも通りがダメってことか(笑)

なるほどなるほど。

 

さて、外れ馬券自慢はこのくらいにして、30万馬券的中の回顧にいきましょう。

購入したのは中京7R 3歳以上500万円以下、若手騎手限定のレースでした(馬券の買い目は非公開でした)。

 

中京7R(間違いなく荒れると見て穴馬2頭を軸に3連単30万馬券的中!!)

まずはオッズ表をどうぞ。

B群(馬連5位~8位)の⑩が1着、そして2、3着がC群(馬連9位~12位)の④⑪で、B-C-C型の大波乱となりました。

配当は馬連10,790円、3連複69,540円、3連単302,260円です。

馬連はそれほど好配当ではありませんね。

また、3連単も3連複の4.35倍程度の配当ですので、決して美味しいとは言えません。

よって、馬連、3連複、3連単の中では、3連複が最も良い選択だったと言えます。

 

さて、的中馬券がこちらです。

回収率は約600%で、約25万円の利益となりました。

冒頭で「泥臭い馬券」だと述べましたが、その意味がお分かりいただけたと思います。

何せ、合計で504点も購入していますから!

我ながら、アホか・・・(笑)

 

しかし、このレースは18頭立てですので、3連単を全通り買うと4,896点にもなります。

504点というと全通りのうちの約10.3%を買ったことになりますが、これを馬連で考えてみましょう。

18頭立ての場合、馬連は全部で153点となりますので、その10%というと15点ですね。

あれ、意外と少ない?

 

そうなんです。

当たり前ですが、3連単はその破壊力こそ凄まじいものの、組合せが他の券種と比べて圧倒的に多く、それはそれは難しい馬券なのであります。

先日も少しご紹介しましたが、「ハイブリッド指数」や「推定3ハロン」で知られる久保和功氏の『京大式最強の馬券セミナー』にも、このように書いてありました。

3連単の破壊力については、説明するまでもないでしょう。データ集計期間内の3連単平均配当は16万1211円と、まさに一撃必殺。

(中略)

しかし、3連単を少点数でしとめるのは、よほどのことがないと難しいのは間違いありません。

京大式最強の馬券セミナー』 P160より

 

ですから、3連単で50万馬券、100万馬券を獲ろうと思ったら、多点買い以外に方法はありません。

待ちに待って、狙ったレースでドカンと資金を投下する。

3連単で大万馬券をしとめる方法は、これ以上でも以下でもないのです。

 

予想プロセスを詳しく解説!

問題は、どのレースで、どの馬から買えば良いのか?ということですが、それを判断するためにオッズ表を使うというわけですね。

何とも手前味噌な言い方ですが、改めてオッズ表を見ながら、予想プロセスを振り返っていきましょう。

単勝30.0倍未満の頭数が14頭もいます。

そして、馬連1番人気(3-18)のオッズが12.6倍もついていますので、荒れるレースという前提で予想に臨んで良いでしょう。

単勝1番人気のオッズが7.0倍というのも異常。

 

次にオッズ表全体を眺めてみると、馬連、単勝、複勝の順位がバラバラに入り乱れていることが一目瞭然ですよね。

馬連6位に1.73の断層がありますが、その断層を横断するように⑱⑩と⑮⑬の順位が入れ替わっていますので、もはや断層とは言えません。

もうどこを取っても「荒れる」と判断できるオッズ表ですので、C群以降の穴馬が馬券に絡む確率は非常に高いと判断しました。

それだけでなく、C群以降の穴馬が2頭絡む可能性も十分にあると思いました。

 

ここまで来ればあとはC群以降の穴馬から軸馬を選ぶだけですが、まず複勝オッズが高い⑰は早々に除外。

それから、馬連15位の⑯も馬連オッズと複勝オッズが高いため、除外しました。

残った軸馬候補は⑭⑪⑬④の4頭ですが、これだけ荒れる要素が重なったレースですから、馬連9位の⑭よりも後ろの馬が絡む可能性が高いと見て、⑭も除外することに。

 

残りは⑪⑬④です。

無理に絞ることもありませんが、できれば2頭まで絞りたいところです。

ここからが難しくなってきますが、とにかく⑬は軸馬に決定。

⑬は単複ともに6位に上昇している単複上昇馬で、なおかつ岩崎翼騎手騎乗ですから、言うことなし!ということで、一番期待していました(結果的には馬券圏外となりましたが、そんなものです)。

 

このレースの一番の悩みどころは、⑪と④、どちらを軸馬として取るかという点でした。

騎手は⑪が長岡禎仁騎手、④が井上敏樹騎手。

どっちも知らん!ということで成績を見てみると、複勝率は長岡禎仁騎手の方が高いようです。

しかし、どうもそれが決め手にはならない気がして、うんうんと悩み続けること10分・・・って短っ!

 

決め手は時系列オッズでした。

最終的に軸馬にした④は、9時30分から10時00分にかけて単勝オッズが22.0倍から11.6倍に急落していたのです。

こういう局面で威力を発揮するのが時系列オッズですので、予想に取り入れるメリットはやはり少なくありませんね。

 

ただ、「時系列オッズは使っていない、使う気もない」という方もいらっしゃると思います。

それでも、④を軸馬に選択することは十分可能でした。

9時30分時点のオッズ表で④は馬連12位にも関わらず複勝は5位に上昇していますし、「荒れることが明確なレースでは、より人気のない方(馬連順位が低い方)を軸馬にする」のが基本です。

 

ということで、軸馬は⑬④に決まりました!

あとは相手ですが、軸馬の選択で結構疲れてしまったので、もうほとんど投げやり。

馬連6位の断層手前の6頭③⑱⑤①⑩⑧を相手筆頭とし、ヒモ(3連単の3頭目)はほぼ丸々買うことに。

馬連1位の③と2位の⑱をカットすることも考えましたが、多少点数が多くなっても良いので、“抜け”だけは避けることを最優先としました。

 

改めて、最終的な馬券がこちらです。

いやはや、やっぱり泥臭い。

法門寺沙羅駆(ほうもんじ・しゃらく=織田裕二)風に言うと、「あ~ぁ、醜い醜い醜い!」という感じ?

3連複なら⑬④-③⑱⑤①⑩⑧-⑱⑤①⑩⑧⑦⑮⑭⑪⑬の84点で回収率は828%にもなりますから、結果的には3連複の方が良かったですね。

 

ちなみに、3連単504点の合成オッズを最終オッズを元に計算したところ、たったの4.4倍でした。

(合成オッズの計算には「シンプルぱっと」というソフトが便利です)

 

合成オッズはたったの4.4倍ですから、「ハイリスク・ローリターン」の馬券と言わざるを得ません。

ただ、合成オッズには罠もあります。

当然、3連単の配当はピンキリで、ワイドなどとは違い、配当の上ブレがもの凄い。

穴馬が1着になった場合などは、もう天井を突き破ったような超好配当になる可能性がありますよね。

「3連単の破壊力が半端ではない」と言われるゆえんはまさにこの点でしょう。

 

ですから、たとえ合成オッズが低くても大勝ちする可能性は十分にあります。

実際、購入した504点の中には60万円~80万円前後の配当になる組合せがありましたが、私が狙っていたのは当然そのゾーンです。

一方、トリガミする組合せもありました。

要するに、バクチでっせ(笑)

 

結果的には約30万円ほどの配当にとどまってしまいましたが、その原因は「外的要因が弱かったから」だと思います。

もしこれがハンデ戦だったら・・・。重馬場だったら・・・。

考えても仕方ありませんが、100万馬券のような大万馬券を狙うのなら、穴馬が1着になる可能性がより高いレース、すなわち、ハンデ戦や重馬場のような外的要因の強いレースに限る、ということは覚えておいて損はありません。

 

さて、予想プロセスは以上になりますが、特に軸馬の選択(⑪か④かの選択)は、今年一番悩んだ事柄だったと思います。

結果的には⑪と④の両方とも馬券に絡んだので、どちらを取っても的中できたわけですが(苦笑)、まぁ悩み考える過程が競馬の醍醐味のひとつですから、楽しい時間を過ごせたことに感謝しておきましょう。

とにかく感想をひとことで言うと、「面白いけど、こんな馬券は年に数回で十分だな・・・」ということでした。

 

3連単にこだわらず、自分に合った券種で!

当たり前ですが、毎度500点前後もの馬券を買っていたら、精神に異常をきたし、生活に支障が出ます。

その果てに何が待っているのかを想像すると、恐くなりますよね。

京大式最強の馬券セミナー』から再度引用すると、

穴党の方が3連単を狙うというのは理に叶っていることだと思いますが、あくまでも資金力と外れ続けても耐え続けられる精神力がないと破綻することでしょう。3連単は戦略性が求められている馬券だと思います。

京大式最強の馬券セミナー』 P170より

と述べられていますが、まさしくその通り。

3連単は資金力、精神力、そして戦略性がなければ、手を出してはいけないのです。

 

ここで誤解のないようにお伝えしておきますが、私あなうまさんは、資金力も精神力もなく、戦略性についても甚だ怪しい、ただのオッズ馬券師です。

無理をしているとは思っていませんが、今回の馬券は精神的にかなり疲れたのは間違いなく、先ほども述べましたが、もうしばらくこんな馬券は買いたくありません。

(なんて言っておきながら、今週末もちゃっかり買っちゃったりして)

 

まぁ戦略性の部分についてもう少し述べると、オッズ表を使うことで一般的な予想方法とは違う観点から予想し、それが結果的に的中に繋がったということは、間違いありません。

ただ、「戦略的だったか?」と言われると疑問で、どちらかというと行き当たりばったりな、勢い任せの馬券だったよなぁと思います。

「投票する」ボタンを押す時は、「えぇい、ままよ!!」という感じでしたし(笑)

 

とにかく、久保和功氏も仰っていますが、3連単にこだわる必要は全くありません。

先日お伝えしたように、ワイドでも凄い回収率を達成できる方法がありますからね。

関連記事:日曜中山6Rはワイド異常の2頭が2、3着に!(2016年12月17日、18日のオッズ表回顧)

 

3連単の破壊力にはどうしても魅せられてしまいますが、今回の馬券をよく振り返って、自分に合った券種・買い方を追い求めていきたいと思います。

う~ん、考えれば考えるほど、迷宮入りしそうですね・・・。

 

そんな時に霧を晴らしてくれるのが、度々登場してきた久保和功氏の『京大式最強の馬券セミナー』でしょう。

券種毎に「こんなシーンでこんな風に買うと良い」と具体的なアドバイスがされていますので、馬券素人の方だけでなく、玄人の方にとっても、ひとつの指標になるかと思います。

とにかく統計データとご自身の経験・戦略をもとにしたアドバイスには説得力がありますし、何と言っても京大卒の方ですからね。

馬券の買い方を改めて検証してみる良い題材になると思いますので、ぜひおススメします。

 

それでは以上、的中実績でした。

先週土日のレース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、馬券の研究や回顧にぜひどうぞ!

中山、阪神、中京の各1~12R全てのオッズ表を無料でダウンロードいただけます!

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home