【的中実績】フェアリーS(GⅢ)3連複34,060円的中!回収率1419%で大満足!(2017年1月8日)

カテゴリー: 的中実績

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

関心はありませんが、年度代表馬が決まったようです。

「2016年度JRA賞」決定!年度代表馬はキタサンブラック号!

キタサンブラック、強いことは認めますが、あまり好きになれない馬なんですよねぇ。

そもそもが穴党ですから、キタサンブラックのような堅実に走る馬はどうも性に合いません。

今のところ3着以内を外したのはダービーだけですよね?

まさに穴党の敵と言えます(笑)

 

さて、昨日は土曜日の的中実績をご報告しました。

 

今回は、日曜日の的中実績をご報告します。

タイトルにもある通り、中山11R フェアリーS(GⅢ)で3連複3万馬券を的中できました。

間違いなく運の要素もありましたが、この的中はやはりオッズ表ならではのものだと思います。

それでは早速、いってみましょう。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

2017年1月8日(

公開した予想・買い目はこちらです。

この日も土曜日に引き続き「試運転」のつもりで、計5鞍、9,100円分の馬券を購入しました。

的中したのは中山11R フェアリーS(GⅢ)だけでしたが、回収率は374%を達成することができました。

 

中山11R フェアリーステークス(GⅢ)(降雨の影響もあってABC型の波乱に!)

それでは、唯一的中した中山11R フェアリーS(GⅢ)を振り返ります。

オッズ表がこちら。

的中馬券がこちらです。

3連複フォーメーション24点で34,060円の配当をゲットできたので、回収率は1419%(!)になります。

 

荒れそうなレースではとりあえず「ABC型」を狙え!?

ここからは予想プロセスを具体的に振り返っていきたいと思いますが、ひとことで言うと「ABC型で決まることを期待して買ってみた」ということに尽きます。

改めて説明する必要はないかもしれませんが、「ABC型」とは、A群(馬連1~4位)、B群(馬連5位~8位)、そしてC群(馬連9位~12位)から1頭ずつ馬券に絡んだレースのことを指します。

フェアリーS(GⅢ)がまさにそうでした。

改めてオッズ表を見ると、

ご覧の通り、A群(赤枠の部分)から③が、B群(黄色枠の部分)から⑧が、そしてC群(緑枠の部分)から⑮が馬券に絡んでいますよね。

このような「ABC型」は、荒れると予想できるレースで良く出現する型です。

もちろんAAC型、AAD型、BBC型といった具合に荒れることもありますが、ABC型で荒れるケースが最も多いということは、統計的にはっきりしている事実です。

 

ですから今回のフェアリーS(GⅢ)も、「雨の予報だし、オッズ表も荒れそうな感じがする」→「じゃあ、ABC型で狙ってみるか」という感じで即決しました。

あとは3連複フォーメーションの1頭目、2頭目、3頭目に、それぞれC群、A群、B群の馬番を当てはめていくだけです。

 

改めて馬券がこちらですが、

まず1頭目(軸馬)には、C群から②⑮の2頭を選びました。

⑤と⑬もC群に属しますが、単複オッズが高くあまり期待できなそうなので、カットしました。

 

次に2頭目(相手筆頭)ですが、ここにはA群の上位3頭③⑯①を当て込みました。

もし1番人気③が飛んで⑯か①が来てくれたら、もっと好配当になりましたね。

馬連4位の⑥はカットしたわけですが、その理由は、3位の断層直後に位置しているからです。

このように断層直後に位置している馬は、なぜか著しく馬券に絡む確率が低いんですよね。

 

最後に3頭目(ヒモ)には、単純にB群の4頭を持ってきました。

以上の簡単なプロセスで、②⑮ – ③⑯① – ⑪⑦⑧④(24点)のフォーメーションが完成です。

予想時間は10分も掛かりませんでした。

 

1点100円という気楽さが強みになる!

こんなに簡単なプロセスで馬券を購入できた最大の理由は、1点100円という資金の少なさにあります。

1点100円なら「外れてもまぁいいや」という感じで、とても気楽に臨むことができますよね。

(もちろん的中するに越したことはありませんが・・・)

穴狙いの馬券を購入する上では、この気楽さが案外強みになります。

 

仮に10倍の1点1,000円で購入しようとした場合、「外れてもまぁいいや」なんて気楽に思うことはできませんよね。

「外したくない!」、「外したら大損!」という意識に苛まれて(さいなまれて)しまい、どうしても買い目が増えてしまいます。

例えば今回のフェアリーS(GⅢ)に1点1,000円で臨んだ場合、漏れがないように、少なくとも②⑮ – ③⑯① – ⑯①⑥⑪⑦⑧④②という39点を購入していたはず。

これでも的中しましたが、回収率は24点の場合に比べるとだいぶ低くなってしまいますし、外れた時の損失も大きくなります。

 

それでもとにかく的中させることを優先すべき、という考え方もあるでしょうが、所詮は穴狙いですから、軸馬(穴馬)が来てくれる確率はそう高くありません。

要するに、どれだけ緻密にフォーメーションを組んでも、穴馬を軸にしている限り簡単に外れてしまうことの方が多いというわけ。

だったら気楽に臨んだ方が良くない?と思う今日この頃なのでした。

 

この辺りは意見が分かれるところだと思いますが、いずれにしてもとりあえずABC型で狙ってみる、という方針は悪くないと思います。

先ほども述べましたが、荒れるレースはABC型が最も出現しやすいという統計的な根拠がありますから。

個人的には「今年はABC型を中心に攻めてみよう」と思っていますので、フェアリーS(GⅢ)で幸先の良いスタートを切れて良かったです。

もちろんこの先もうまくいくとは限りませんが、ABC型はコンスタントに現れますので、気楽にいきたいと思います。

 

それでは以上、日曜日の的中実績でした。

先週土日のレース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、馬券の研究や回顧にぜひどうぞ!

ABC型のレースがどのくらいの頻度で出現したか調べてみるのも面白いかも!?

レースの「型」は一覧シート(PDFの場合は一覧ファイル)ですぐに分かりますので、ぜひ見てみてください

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home