スポンサーリンク

【的中実績】穴狙いなのに絶好調!土曜は3連複4万馬券を含む4戦3勝!(2017年2月25日)

的中実績

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回は、先週土曜日(2017年2月25日)の的中実績をご報告します。

中山、阪神への開催変わり初日ということで難しくなるだろうと思っていましたが、終わってみれば4戦3勝の大勝利でした。

金額的な勝ちはそうでもありませんでしたが、どのレースも穴狙いに徹しての的中率75%ですから、自分でも驚きです。

それでは早速、的中馬券とオッズ表を振り返っていきましょう。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

スポンサーリンク

2017年2月25日(

阪神3R(様子見で買った馬券でサクッと3連複万馬券)※買い目非公開

こんな感じで、ゆるいスタートを切りました。

気が付いたら発走まで10分を切っていましたが、5分もあれば予想できる点がオッズ表の強みですし、締切が過ぎたら潔く次のレースを予想するまでです。

焦るな!と言い聞かせながら予想しました(笑)

 

さて、オッズ表がこちらです。

※馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表は割愛。

 

5分で予想・購入した馬券がこちら。

3連複15,400円をサクッと的中!

しかし、余計な馬連を購入したせいで、ほとんど儲かりませんでした。

やはり5分程度の予想ではダメですね。

大体、たった5分の予想でウン万円も手に入るなんて、そんな甘い話、あるわけがありません。

 

予想のプロセスですが、まず軸馬⑮②、これは馬連10位の断層手前からピックアップするだけなので、すんなりと決まりました。

問題は、というか、この馬券のファインプレーは、相手筆頭の選び方でした。

改めて馬券がこちらですが、

相手筆頭(3連複の2頭目)をA群(馬連1位~4位)ではなく、B群(馬連5位~8位)にしています。

 

これは外的要因が強い(開催変わり初日+稍重+新馬戦)という点と、A群のオッズがだらしない(買えない)という2点を考慮した結果です。

レース結果はオッズ表でいうBBC型で決まったわけですから、見事に作戦成功となりました。

(もしA群を相手筆頭に持ってきていたら外れでした)

 

残念だったのは、BBC型で決まった割には安い配当になってしまったことです。

それだけ上位人気馬が信頼されていなかったということでしょうが、それにしても最終4、5、9番人気で3連複が1万5千円程度とは……。

まぁ3着に来た軸馬⑮は馬連オッズも低いですし、B群寄りのC群、穴馬というよりは中穴馬という感じですので、仕方ありませんね。

ちなみにもう片方の軸馬②は4着だったのですが、もし②が3着なら、3連複は2万馬券でした。

 

阪神8R(3連複8,590円的中も、ほとんど儲からず)

続いて阪神8Rです。

オッズ表がこちら。

※馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表は割愛。

 

的中馬券がこちらです。

軸馬を馬連10位の断層手前⑨⑮にしようか、その後ろの⑥①にしようか少し迷いましたが、後者の方を選択しました。

当日公開した予想がこちらです。

軸馬:⑥①

3連複フォーメーション

馬1:01,06
馬2:03,08,13
馬3:01,03,04,05,06,07,08,09,12,13,14,15(51点)

稍重+牝馬限定戦の外的要因下で荒れることを期待します。軸馬は12位の断層手前の⑥①にしました。それより前の⑨⑮の方が魅力的だったのですが、心を鬼にして、より人気のない方を選びました。こういう判断が上手くハマると嬉しいものですが、果たしてどうなるでしょうか。

【予想&買い目】総武ステークス、アーリントンカップ(GⅢ)、皿倉山特別ほか(2017年2月25日)

結果うまくハマったわけですが、1、2着に人気馬が来てしまい、3連複はたった8,590円の配当でした。

的中しただけでも良しとすべきでしょうが、面白くないことは確かです。

まぁ、「それだけの労力しか払っていないじゃないか」という神様の思し召しなのかもしれません(?)

 

中山12R(この日の最高配当、3連複49,420円的中!)

最後に、この日一番勝った中山12Rです。

オッズ表がこちらです。

※馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表は割愛。

 

的中馬券がこちら。

49,420円の好配当的中で、払戻しは10万円近くになりました。

もっと買っておけば良かった……。

 

さて、このレースは⑨を軸馬にできたかどうかが鍵だったわけですが、単勝の時系列オッズが大変役に立ちました。

9時30分時点では29.3倍と積極的に買えるオッズではありませんが、30分後の10時00分には22.6倍まで下がっていたのです。

これなら十分、「馬券圏内に来る」と判断できますね。

 

ここで時系列オッズに関する余談を少し。

実はこのレース、大穴馬⑥に大変な異常投票が行われた時間帯がありました。

詳しくは後日お伝えしたいと思いますが(余裕があったらね……)、とにかく異常投票に乗れということで、追加で⑥からの勝負馬券を購入しました。

しかし、結果は惨敗……。

スタートは決めてくれましたが、4コーナーで既に手応えがなく、直線でも全く伸びませんでした。

このような例から、時系列オッズ(というか異常オッズ)は万能ではないことが分かります。

 

そんなこんなで残念なレースでしたが、それでも先の3連複が的中したおかげで、トータルでは5万円近いプラスとなりました。

不幸中の幸いとは、こういうことを言うのでしょう。

 

難しい開催をオッズ表で乗り切る!

以上、先週土曜日の的中実績をお伝えしましたが、「出来すぎ」というのが率直な感想です。

中山、阪神への開催変わり初日でしたし、馬場も渋っていましたので、難しくなるだろうと予想していました。

ところが、終わってみれば4戦3勝。

 

何が良かったのでしょうか?

ひとつ思い当たることと言えば、いつも以上に購入するレースの選択を慎重に行ったということです。

少しでも迷ったり、「ん~、微妙」と思った場合は、基本的に見送り。

荒れる可能性が高く、なおかつ軸馬がはっきりと2~3頭に絞れる場合のみ、購入対象とするようにしました。

結局、開催変わり初日ということはあまり意識せず、粛々と基本通りに判定を行っていくことが最も大事なのでしょうね。

 

手前味噌な言い方で恐縮ですが、オッズ表の最大の強みは、そのような判定を素早く、正確に行える点です。

人によって合う、合わないがあるとは思いますが、ちょっとかじっただけで辞めてしまうには、もったいない代物ですよ。

慣れてくると数秒~数十秒でそのレースを買うべきか見送るべきか、どの馬から買うべきかの判断ができるようになりますので、どんどん経験を積んで、オッズ表を見る目を養っていきましょう!

そして、5万馬券、10万馬券、ひいては100万馬券の大万馬券をゲットしてやりましょう!

 

なんて、週明け早々から、エンジンふかし過ぎですね。

それでは、今回はこの辺で。

 


PAGE TOP