スポンサーリンク

【的中実績】馬連900円的中で回収率225%!オッズ表なら堅いレースも自由自在!(2017年3月4日)

2017年3月8日的中実績

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回は、先週土曜日(2017年3月4日)の的中実績をご報告します。

 

この日は中山8R、中山9Rの2鞍を購入しました。

珍しく本命馬券を購入した中山9Rは、回収率225%というまずまずの成績でした。

ただ、中山8Rの方は外れてしまったため、一日を通しての収支はプラス2千円弱……。

 

まぁそれでも勝ちは勝ち、ということで、的中馬券とオッズ表を振り返っていきましょう。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

スポンサーリンク

2017年3月4日(

中山9R(A群同士の馬連で回収率225%!)

早速ですが、オッズ表がこちらです。

レース当日に公開した予想がこちら。

中山9R 黄梅賞

馬連フォーメーション

馬1:02,07
馬2:01,08(4点)

4位の馬連と単勝にがっしりとした断層がありますので、少なくとも1、2着は上位4頭で決着しそうです。単純に4頭のBOXを買うのはあまりに芸がないので、1、2番人気 – 3、4番人気の馬連フォーメーションを購入しました。1、2番人気同士では決着せず、3、4番人気のどちらかが連に絡むと見たわけですが、果たしてうまく行くでしょうか。

【予想&買い目】オーシャンステークス(GⅢ)、チューリップ賞(GⅢ)、早鞆特別ほか(2017年3月4日)

 

Club A-PATがメンテナンス中のため馬券のキャプチャをお見せできないのですが、1点2,500円、合計1万円分購入しました。

結果、馬連1-7(900円)的中!

最終2番人気と4番人気で決まってくれたおかげで、払戻しは22,500円、回収率は225%と、それなりに儲けることができました。

 

(2017/03/08追記)

Club A-PATのメンテナンスが終わったので、馬券のキャプチャを貼っておきます。

 

馬連1番人気で決まるレースは1割前後

以上の通り、土曜の中山9Rでは「上位人気馬同士で決まるが、単勝1、2番人気(馬連1番人気)同士では決まらない」という予想を立てたわけですが、見事にハマってくれました。

(ゴール前は混戦でドキドキしましたが……。)

 

単勝1、2番人気(馬連1番人気)で決まらないと見た理由は、単複オッズが3、4番人気のそれとほとんど差がなかったからです。

また、単勝1、2番人気、というか、馬連1番人気を構成する2頭で決着する確率の低さを知っていたからです。

 

気になって調べてみたのですが、先週の土日(2017年3月4日、5日)の全72レースのうち、1、2着が9時30分時点の馬連1番人気で決まったレースは、9レース(12.5%)でした。

たった2日間のデータでしかありませんが、この例だけを見ても、1、2着が馬連1番人気で決まるのは結構難しいことだと分かります。

 

土曜阪神11Rのチューリップ賞(GⅢ)などはその典型で、ソウルスターリングとリスグラシューの馬連は最終的に1.6倍まで下がったわけですが、結果は1、3着となってしまいました。

2頭以外にないというオッズにも関わらず、その通りに決まらない。

こういった例は枚挙にいとまがありません。

 

ですから、馬連1番人気を買って儲けようとするよりも、馬連1番人気を蹴って、それ以外の組合せで決まることに賭けた方が、長い目で見て儲かると思います。

 

注意したいのは、馬連1番人気が何がなんでもダメ、ということではないということです。

いかにも怪しいオッズ(8.0倍とか)がついていたとしても、「絶対この2頭で決まる!」という確信があれば、8.0倍というオッズは怪しいから一変して美味しいオッズとなるわけです。

そういう場合は、思い切って勝負することも(時には)必要でしょう。

 

いずれにしても、馬連1番人気で決まる確率はそんなに高くないということは、常に頭の片隅に置いておきたいところです。

 

それでは、今回はこの辺で。

 


PAGE TOP