サウンズオブアースを買うべきだった単純な理由(2016年ジャパンカップ(GⅠ))

オッズ表回顧, 異常オッズ, 馬券のヒント

tip0i9a0226_tp_v

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回は先日行われた第36回ジャパンカップ(GⅠ)(2016年)のオッズ表を振り返ります。

ご存じの通りキタサンブラックが堂々と逃げ切ったわけですが、今回特に取り上げたいのは、2着に来たサウンズオブアースの方です。

個人的には軽視して買わなかったのですが、改めてオッズ表を振り返ってみたところ、サウンズオブアースを買うべきだった単純な理由があったことが分かりました。

今後の馬券に活かすべく、備忘録がてら詳しく触れておきたいと思います。

前日最終オッズのオッズ表に現れた馬連異常

サウンズオブアースに現れた「買いの根拠」は、前日最終オッズのオッズ表で確認できます。

早速ですが、前日最終オッズで作ったオッズ表がこちら。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

真ん中の表、「馬連マトリクス表」の赤枠で囲った部分にご注目。

サウンズオブアースとフェイムゲームの組合せ、馬連12-11のオッズが162.6倍と、その四方に比べて著しく低くなっていることが分かります。

この162.6倍というオッズは、キタサンブラックとフェイムゲームの組合せ、馬連1-11の292.1倍よりもずっと低い。

 

この現象の原因は1つしかありませんね。

そうです、馬連12-11を、どこかの誰かが大量に購入した。

つまり、異常投票があったということです。

 

TARGETなどの競馬ソフトを使用している方なら当然検知していたと思いますが、ネット上でも少~しだけ話題になっていたようです。

「サウンズオブアース フェイムゲーム」で検索してみてください。

 

フェイムゲームはさすがに買えないにしろ、サウンズオブアースは積極的に買うべきだった

というわけで、馬連12-11を構成する2頭、⑪フェイムゲームと⑫サウンズオブアースは買い目に入れておくべきでした。

特に⑫サウンズオブアースですね。

ワンパンチ足りない印象は拭えないものの、GⅡ、GⅠで繰返し2着に来ていることから、当然ジャパンカップ(GⅠ)でも馬券圏内があり得る馬だと見て良いでしょう。

異常投票があったことを考えれば、この馬を本命にしても良かった、とさえ言えます。

 

一方、⑪フェイムゲームの方はさすがに無理ですよね。

実績は多少ありますが、近走の成績やオッズを見る限り、買いの要素はほとんどありません。

ただ、繰り返しますが馬連12-11に異常投票があったという事実がありますので、個人的には一応押さえておくべきだったかなと思います。

 

では、最後にレース当日、午前9時30分時点のオッズ表を見ておきましょう。

tokyo

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

馬連マトリクス表の馬連12-11には、まだ異常投票の名残りが見られますね。

では、どう買うのが正解だったか少し考えてみたいと思いますが、やはり⑫サウンズオブアースを中心に据えるべきでしょう。

すると、3連複⑫ – ①③ – ③⑯⑨⑰⑭④(11点)で回収率732%、あるいは馬連⑫ – ①③⑯⑨(4点)で回収率643%といった好成績を達成できます。

あとは押さえで⑪フェイムゲームからの3連複、⑪ – ①③ – ③⑯⑨⑫⑰⑭④(13点)でしょうか。

当然、人によって買い目は変わると思いますが、とにかく⑫サウンズオブアースに重い印を打つことができれば、自ずと的中&大いに儲かったはずです。

 

なぁんて、終わった後には何とでも言えますね。

実際、冒頭で述べた通り、私は⑫サウンズオブアースを軽視して切ってしまいました。

購入した馬券がこちらですが、全然ダメ。

baken

馬単、3連単は難しいですね・・・。

 

いずれにしても、時系列オッズ、あるいは前日発売のオッズ表には大きなヒントが隠されていることが多いので、オッズ競馬予想(オッズ理論)を続ける限り、注目し続けたいと思います。

 

以上、参考までに。

ちなみに、先週土日のレース結果付きのオッズ表はこちらから無料でダウンロードいただけますので、ご覧になってみてください。

 


PAGE TOP