藤田菜七子騎手が海外初挑戦!

競馬よもやま話

藤田菜七子騎手が海外デビューするそうですね。

 

今年3月に誕生した16年ぶりのJRA女性ジョッキー・藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本康広厩舎=が、早くも海外デビューを果たすことになった。6日に「レディースワールドチャンピオンシップ」の招待を受け、19日にイギリスのサンダウンパーク競馬場で行われる第13戦に参戦する。

「レディースワールドチャンピオンシップ」は、アラブ首長国連邦アブダビのファティマ・ビント・ムバラク妃殿下が働く女性を支援する活動の一環として、女性騎手を招待しているシリーズ競走。今年は世界各国で年間14戦を行い、11月13日にアラブ首長国連邦のアブダビで第15戦「ファイナル」が行われる。

昨年5月には名古屋競馬所属の木之前葵騎手(23)がイギリスのリングフィールド競馬場で行われた第8戦で見事に優勝。ファイナル進出を果たしている。

藤田菜七子が世界デビュー! イギリスの招待競走で騎乗へ

 

昨日のウイニング競馬で藤田菜七子騎手の特集(というかインタビュー)を観ましたが、何となく応援したくなるルックス、人柄で、ファンが多いのもうなずけました。

何かと話題になりますが、とにかく海外デビューに関しても、そして中央、地方での騎乗も、「がんばれ~」のひとことに尽きますね。

 

[adsense336_228]


PAGE TOP