荒れる中京記念(GⅢ)、過去の傾向(2014年、2015年のオッズ表回顧)

カテゴリー: 重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

早いもので、福島・中京・函館開催は今週末で終わりなんですね。

最終週は全体的に荒れることが多いので非常に楽しみですが、なかでも”荒れる”中京記念(GⅢ)からは目が離せません。

その中京記念(GⅢ)ですが、

中京競馬場がリニューアルオープンし、新設されたサマーマイルシリーズの対象レースとなった2012年からは、夏の中京開催の芝1600mで行われるようになった。その2012年以降の中京記念では、3連複の最低配当が3万8850円(2015年)、3連単の最低配当が23万8040円(2012年)と、波乱の決着が続いている。

JRA

とのこと。

2012年以降4年間のレース結果を見ると、3番人気以内の人気馬が1度も連対していない上に、毎年必ず2桁人気の穴馬が馬券に絡んでいることが分かります。

1

まさに大チャンス再来!

先週に引き続き、何としても好配当を的中させたいところです。

 

それでは、先週の函館記念(GⅢ)同様、中京記念(GⅢ)の過去2年分のオッズ表を振り返り、傾向を予習しておきましょう。

 

2014年の中京記念(GⅢ)回顧

オッズ表とレース結果

まずは2年前、2014年の中京記念(GⅢ)から。

レース当日、午前9時30分のオッズ表がこちらです。

1 2 3

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

レース結果は以下の通りです。

1着⑮サダムパテック(最終7番人気)
2着⑭ミッキードリーム(最終11番人気)
3着⑧マジェスティハーツ(最終5番人気)

配当は、馬連20,090円、3連複60,030円、3連単428,240円の好配当になりました。

 

後付け解釈

それでは、結果を知った上で好き勝手に後付け解釈してみましょう。

改めて、オッズ表はこちらです。

1

とても分かりやすい、「穴レースのお手本」のようなオッズ表です。

6位の位置に馬連と単勝で揃った断層がありますが、その手前の上位人気馬のオッズは総じて高く、全く信頼できません。

このようなレースでは積極的に穴馬から買うべきです。

単勝11位の位置に1.82の断層がありますが、軸馬はその断層手前の馬、(⑨)⑫⑭でOKですね。

 

このレース、軸馬の選択は容易ですが、注意すべきは買い目(相手選び)でした。

軸馬から上位人気馬に買い上がるわけですが、次のように相手を馬連6位の断層前の馬だけにしてしまうとハズレです。

馬連フォーメーション(⑨)⑫⑭ – (①⑬)⑤⑩⑧⑦

 

的中させるためには、次のように相手を幅広くしなければなりませんでした。

馬連フォーメーション(⑨)⑫⑭ – (①⑬)⑤⑩⑧⑦⑮⑯⑨⑫⑭

 

同様に、3連複も相手を幅広く選ぶ必要がありました。

3連複フォーメーション(⑨)⑫⑭ – (①⑬)⑤⑩⑧⑦ – ⑤⑩⑧⑦⑮⑯⑨⑫⑭

 

相手を幅広くするか、やや絞りこんで上位人気馬中心にするかの判断には、「外的要因」が参考になります。

2014年の中京記念(GⅢ)は稍重+ハンデ+GⅢ(重賞)という3つ揃った強い外的要因でしたので、1、2着が穴 – 穴、または中穴 – 穴で決まることも想定して馬券を買うべきだった、というわけです。

 

2015年の中京記念(GⅢ)回顧

オッズ表とレース結果

次に昨年、2015年の中京記念(GⅢ)です。

レース当日、午前9時30分のオッズ表がこちら。

4 5 6

※赤=1着、黄=2着、水色=3着

レース結果は以下の通りです。

1着⑥スマートオリオン(最終6番人気)
2着①アルマディヴァン(最終13番人気)
3着⑩ダローネガ(最終3番人気)

配当は、馬連17,070円、3連複38,850円、3連単256,590円という好配当になりました。

 

後付け解釈

それでは再び、好き勝手な後付け解釈をしましょう。

4

こちらも荒れることは明白ですが、先に挙げた2014年のオッズ表と比べると軸馬の選択が難しいです。

明確なストップ断層がなく、C群(馬連9位~12位)、D群(馬連13位~16位)の穴馬はどれも軸馬たる優秀なオッズだからです。

 

このように軸馬候補の穴馬が複数いる場合、基本的には馬連順位がより下の方(=人気のない方)を軸にします。

よって、このレースをもし買っていたら馬連12位以降の⑯⑨⑧あたりを軸にしたと思いますが、これではハズレですね。

 

う~ん、結果的に2着に来た①、この馬を軸馬として選択するのは結構難しいと思います。

①は馬連の順位に対して単勝・複勝の順位が下落してますし、馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表を見てもこれといった買いの要素がありませんから。

というわけで、「穴馬から軸馬を選ぶ」という買い方に徹した場合、的中が難しいレースでした。

 

ただ、全体的には好配当になることは間違いないレースでしたので、思い切って次のようなフォーメーションを組んで的中させることも不可能ではないと思います。

馬連フォーメーション⑦⑬①⑯⑨⑧(C群、D群の穴馬) – ⑪③⑩④⑥⑮②⑤(A群、B群の上位人気馬)

しかし、ちょっと現実的でないというか、ダサいですよね・・・。

 

まとめ

傾向としては荒れやすいと見て間違いなさそうです。

2014年、2015年ともに、1着にB群(馬連5位~8位)、2着にC群(馬連9位~12位)が来ており、中穴 – 穴、あるいは穴 – 穴での決着に警戒しておくべきですね。

2015年のオッズ表のように軸馬たる穴馬がウヨウヨいて、なおかつ明確なストップ断層もない場合は勝負を避けるか、あるいは軸馬も幅広く選ぶ必要がありそうです。

 

今年(2016年)の中京記念(GⅢ)、果たしてどうなるでしょうか?

前日発売、そしてレース当日のオッズ表が楽しみですね。

 

メインレースのオッズ表は毎週無料で好評配信中です。ぜひご利用ください。

(詳しくはこちらをどうぞ)

 

それでは、あなうまさんでした~。

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home