スポンサーリンク

【オッズ表回顧】出たっ!日曜福島8R、馬連ワイド同時異常でワンツー決着!(2016年11月5日、6日)

オッズ表回顧, 異常オッズ

%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba%e8%a1%a8%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8a

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

この2日間、理論通りに荒れてくれたレースが少なく、穴党の私は苦戦を強いられました。

というか、1鞍も的中できなかった・・・。

まぁ珍しいことではないので今更へこんだりはしませんが、やっぱり面白くないですよね、当たらないと・・・。

馬券を購入する時点では「外れる気がしねぇっす!」という感じなのです(笑)が、本命にしている馬は所詮穴馬ですから、なかなか思い通りに来てくれません・・・。

 

まぁそれは置いておいて、荒れにくかった2日間ではありましたが、面白い異常オッズが発生したレースが幾つかありましたので、回顧しておきたいと思います。

早速いってみましょう!

特に断りがない限りオッズ表は全てレース当日午前9時30分のオッズを元に作成したもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

スポンサーリンク

2016年11月5日(土)

まずは土曜日から。

公開した予想・買い目はこちらです。

福島9R福島11R 河北新報杯を購入してみましたが、いずれもハズレ。

河北新報杯は例年荒れるので今年も期待していたのですが、案外でしたね。

残念。

 

さて、回顧するのは福島9Rの方です。

このレース、とにかく変なオッズ表でした。

 

福島9R(10-3が異常投票で馬連1番人気に!)

オッズ表がこちらです。

satfukusima9

どこが変なのか、分かります?

 

馬連1番人気は10-3の11.7倍ですが、これ、普通の1番人気ではありません。

ちょっと分かりにくいのですが、異常に売れているために、馬連1番人気になってしまっているのです。

と同時に、ワイド10-3も異常に売れて1番人気になっていますし、⑩の単勝、複勝も異常に売れています。

 

「まだピンと来ない」という方も多いと思いますが、ご心配なく。

最終オッズと比べてみましょう。

馬連10-3は午前9時30分時点では11.7倍の1番人気でしたが、最終オッズでは86.6倍の32番人気まで“落ちて”しまいました。

また、ワイド10-3は午前9時30分時点では2.8倍ですが、最終オッズでは19.6倍です。

※ワイドは1.4~1.7倍のように範囲で示されますが、上限の方(1.7倍の方)を使います。

それから、⑩の単勝オッズは午前9時30分時点では3.5倍ですが、最終オッズでは16.7倍まで上がりました。

最後に、③の単勝オッズは午前9時30分時点では8.0倍ですが、最終オッズでは14.5倍まで上がりました。

 

このように明らかに⑩と③に異常投票が行われていたのですが、そのことに気づいた私は、「⑩か③、どちらかが1着になる!」と思い、2頭の単勝を買いました。

馬券がこちらです。

fuku9baken

結果的には⑩も③来ませんでしたけどね・・・。

いかにも裏開催のローカルらしい異常投票でしたが、このように的外れな結果になってしまうことも少なくないので、注意が必要です、という話(笑)。

朝一は全体の発売票数も少ないですしね。

もちろん、異常投票馬によって逆転満塁ホームランがもたらされることもありますので、異常オッズを見つけるスキル、分析力を培っておいて損はありません。

そのためにはやはり、多くのレースのオッズと向き合う必要があります。

 

2016年11月6日(日)

日曜日に行きます。

公開した予想・買い目はこちら。

アルゼンチン共和国杯(GⅡ)みやこS(GⅢ)を軽く購入しましたが、いずれもハズレ。

2鞍とも異常投票馬を軸にしてみましたが、うまくいきませんでした。

 

それよりもこの日本当に買うべきだったのは福島8Rでしょう!

馬連異常とワイド異常が同時に発生していたのですが、その通りに決着しました!

まさにミラクル、オッズ表だからこそ検知できた異常です!

馬券は買わなかったけど・・・。

 

福島8R(馬連ワイド同時異常でワンツー決着!)

早速、福島8Rのオッズ表を見てみましょう。

こちらです。

fukusima8

単勝30.0倍未満の頭数は8頭で×判定ではありませんが、ご覧の通りぐちゃぐちゃに順位変動が起きており、いかにも荒れそうなオッズ表ですね。

 

さて、注目していただきたいのは、馬連マトリクス表とワイドマトリクス表、2-8のオッズです。

matrix

赤枠で囲ったところですが、四方に比べてガクッとオッズが低くなっていますよね。

異常オッズに間違いありません。

しかも馬連とワイドで同時に発生しているわけですから、強力な異常オッズと言えます。

まず馬連ですが、馬連3位の馬と馬連11位の馬との組合せが16.6倍だなんて、普通はあり得ません。

ワイドもまたしかりで、馬連3位の馬と馬連11位の馬との組合せが6.0倍だなんて、アンビリーバボー!

 

さらに驚くのが、レースがこの異常オッズ通りに決着した!という点です。

1着②、2着⑧となり、異常投票を行った人物(あるいは組織?)は、まんまと馬連4,130円、ワイド1,190円という配当を手にしたわけです。

最終オッズの単勝2番人気と単勝10番人気の組合せの割には落ち着いた配当ですが、当然、異常投票の名残りでしょう。

 

う~ん、異常オッズ、恐るべし・・・。

レースを観ると、計ったように②と⑧で見事に決まっているんですよ。

競馬の裏側をまた覗いてしまいました。

関連記事:馬連マトリクス表で異常オッズを検知せよ!

 

いずれにしても、今回は異常オッズに乗ることができませんでした。

このようにレース一覧にも載っており、注目してはいましたが、ちょっと半信半疑でしたので。

ichiran

いや~、オッズ馬券師たるもの、異常オッズには乗らなければいけませんね。

反省です。

 

一方、異常オッズ通りに決まってくれないレースもありました。

それが京都11R みやこS(GⅢ)です。

 

京都11R みやこS(GⅢ)(前日朝一オッズ表で複勝異常が発生するも、馬券には絡まず・・・)

まずはレース当日午前9時30分時点のオッズ表から見てみましょう。

こちら。

kyoto11touzitsu

3位の位置に断層がありますが、それ以降は10位まで目立った断層がありません。

いかにも10位の断層手前⑤⑩⑯あたりが馬券に絡みそうな感じがしますが、結果的にはA群(馬連1位~4位)とB群(馬連5位~8位)だけで決着してしまいました。

ホント、C群(馬連9位~12位)以降の穴馬が来てくれないレースですね。

関連記事:馬連5~8位の馬が来る!みやこS(GⅢ)、過去6年の傾向と過去3年分のオッズ表[2016年版]

 

それは知っていたのですが、私は10位の断層手前⑯を本命にし、馬券を購入しました。

baken

⑯を本命にした理由は前日朝一のオッズ表にあります。

⑯には、強力な複勝異常が発生していました。

その前日朝一(レース前日午前9時30分)のオッズ表がこちら。

kyoto11zenzitsu

⑯の複勝オッズが1.1~1.5倍と異常に売れていることが一目瞭然ですね。

これを見た瞬間、「小倉記念(GⅢ)の再現だ!」と思いました。

関連記事:必見!小倉記念(GⅢ)で3連単30万馬券を的中できたワケは「異常オッズ」だった

 

すぐにでも⑯を軸にした3連単を買おうと思いましたが、ちょっと深呼吸して冷静に考えてみることに。

結果、購入した馬券をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、あまり勝負しないことにしました。

以下の点で不安があったからです。

  • C群以降の穴馬が全然来てくれないレースである
  • 騎手が頼りない
  • 大外枠である

特に3番目の大外枠であること、これが一番のネックでした。

 

みやこS(GⅢ)の過去6年の結果を見ると、大外枠は全く結果を残せていないことが分かります。

ichiran

みやこS(GⅢ)が、というよりも、京都ダ1800mがそういうコースなのでしょう。

⑯から大勝負を打たなくてやはり正解でしたね。

・・・とまぁこんな具合に、異常オッズが発生しているからといってすぐに飛びつかずに、軽く精査してみることも大事かなぁと思います。

 

東京11R アルゼンチン共和国杯(GⅡ)(単勝上昇馬⑮、惨敗・・・)

最後にアルゼンチン共和国杯(GⅡ)を回顧して、おしまいにしましょう。

レース当日午前9時30分時点のオッズ表がこちら。

tokyo11touzitsu

4位の断層手前の上位人気馬4頭で決着してしまいました。

ハンデ戦ですが、やはり荒れにくいレースですね。

関連記事:ハンデ戦なのに荒れにくい!アルゼンチン共和国杯(GⅡ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表[2016年版]

 

私は単勝上昇馬⑮の複勝を買いました。

tokyo11baken

あまり大きな声で言いたくないのですが、実はこの⑮、前日発売のある時点で単勝1番人気になっていました。

本当に。

TARGETなどで時系列オッズを使っている方ならお気づきだったと思います。

当日の単複上昇はその名残りでしょう。

 

ただ、私はある理由からあまり乗り気になれなかったので、300円だけ購入して様子を見ることにしました。

結果⑮は惨敗でしたので、やはり“偽”異常オッズだったと言えます。

異常オッズに乗って大金を投じていたら・・・と思うと、ぞっとします。

 

おわりに

さて、今回は異常オッズを中心に回顧してきましたが、異常オッズには乗るべきものと、乗らない方が良いものが存在することは確かなようです。

異常オッズが凄い力を秘めていることは間違いありませんが、いかんせん扱いが難しいため、「ご利用は計画的に」と言えそう・・・。

オッズ馬券師を名乗る私ですが、まだまだ修行不足であることを認識させられた2日間でした。

とにかく、今回取り上げたレースを色々な側面から分析してみると、貴重な「気づき」が得られるかもしれませんよ。

 

それでは以上、土日のオッズ表回顧でした。

レース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、馬券の研究や回顧にぜひどうぞ!

 


PAGE TOP