抜けた2頭の馬連1点買いは上手くいかない(2016年12月3日、4日のオッズ表回顧)

カテゴリー: オッズ表回顧, 馬券のヒント

%e6%a0%aa%e4%be%a1%e6%9a%b4%e8%90%bd

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

Club A-PATが明日12月7日(水)の17時まで利用できないため、購入馬券の回顧ができません。

仕方がないので先週土日のオッズ表で気になったものを見ていこうと思いますが、今回は12月3日()の阪神5R メイクデビュー阪神、そして中山11R ステイヤーズS(GⅡ)、さらに翌12月4日()の阪神9R シクラメン賞を取り上げます。

 

これらのレースの共通点はズバリ、馬連1番人気のオッズが3.0倍未満だったということ。

つまり、オッズ表的に2頭が抜けていたレースということになります。

※先週土日の全72レース中、馬連1番人気のオッズが3.0倍未満だったのは上記の3レースだけでした。

 

馬券歴がある程度長い方ならとっくにお気づきだと思いますが、こうしたレースで抜けた2頭が順当に1着2着でゴールするかというと、必ずしもそんなことはありませんよね。

というか、2頭では決まらないレースの方が多い気がします。

ですから、タイトルにある通り、抜けた2頭の馬連1点買いなんて絶対にしない方が良い!

 

上記の3レースはそのことを雄弁に物語っておりましたので、参考までに見てみましょう。

以下、特に断りがない限りオッズ表は全てレース当日午前9時30分のオッズを元に作成したもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

2016年12月3日(

阪神5R メイクデビュー阪神(抜けた2頭のうちの1頭が競走中止に)

まずは2016年12月3日()、阪神5R メイクデビュー阪神から。

オッズ表がこちらです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ご覧の通り、“圧倒的2番人気”に支持された②ベルクロノスが飛んでしまいました。

馬連1-2が1.5倍、ワイド1-2も1.2倍というものすごく低いオッズですし、①と②の単勝オッズ、複勝オッズも他を圧倒しています。

「ここは①②で決まりだね」と思っていた方が大半だったと予想されますが、あろうことか②はレース中に故障を発生し、競走を中止。

福永祐一騎手は落馬、右鎖骨骨折で、年内の騎乗は絶望的となってしまいました。

 

新馬戦は恐いですね。

当然、全ての馬が初めての実戦になります。

出遅れや不利といったリスクも高いと思いますし、真っすぐ走らなかったり、オーバーペースになったり、折り合いがつかなかったりと、まぁとにかく不安な要素が多すぎる。

というか、新馬戦に限らず競馬というのはこのような不安要素と常に隣り合わせですから、やはり馬連1点にドーン!という買い方は危ないです。

 

中山11R ステイヤーズS(GⅡ)(単純にR.ムーア騎手とC.ルメール騎手で決まり!とはいかない)

同じく2016年12月3日()の中山11R ステイヤーズS(GⅡ)も、やはり抜けた2頭では決まりませんでした。

オッズ表がこちら。

nakayama11

③アルバートと⑧モンドインテロの2頭が抜けていますね。

馬連3-8は2.6倍と先ほどの阪神5Rほど低くはありませんが、単勝2位⑧と単勝3位⑦との単勝オッズの差がとても大きいです。

また、ワイド3-8も他の組合せに比べて圧倒的に抜けていますよね。

そこで私は、「1、2着は③⑧で間違いない!」と予想し、③⑧を1、2着に固定した次の馬券を購入しました。

3連単フォーメーション
1着:03,08
2着:03,08
3着:01,04,05,09,13(10点)

 

結果はハズレ・・・。

このように抜けた2頭を馬券の中心に据えるのは、もう期待値の面から考えてもやめた方が良いですね。

それよりも、2頭のうちのどちらかが馬券圏外に飛ぶことを期待した買い方の方がマシ。

その考えで上手くいったのが今年の菊花賞(GⅠ)です。

サトノダイヤモンドとディーマジェスティが抜けていましたが、その2頭では決まらないと見て、レインボーラインとエアスピネルを軸に3連複万馬券を獲ることができたのでした。

関連記事:【的中実績】菊花賞(GⅠ)3連複1万7,550円的中!!(2016年10月22日~23日)

 

2016年12月4日(

阪神9R シクラメン賞(やはり抜けた2頭では決まらない)

最後に、2016年12月4日()の阪神9R シクラメン賞を。

オッズ表がこちらです。

%e9%98%aa%e7%a5%9e11

う~ん、馬連、ワイド、単勝、複勝、どれを見ても⑤⑥で間違いないと思えるオッズです。

しかし、やはり抜けた2頭では決まりませんでした。

もう「これでもか!」というくらい、抜けた2頭以外の馬が割って入りますね。

 

どんなに抜けていても馬連1点買いは避けるべし

以上見てきた通り、たとえどんなに2頭が抜けていても、馬連1点買いのような馬券は避けた方が無難です。

的中すれば200%倍前後の回収率になりますが、それ以上にリスクの方が高く、期待値は間違いなく100%を割っているでしょう。

先ほども述べましたが、人気馬が2頭抜けたレースを見つけた時には、むしろどちらか一方が3着以下に敗れると見て、他の馬との組合せを買った方が長い目で見て儲かると思います。

菊花賞(GⅠ)のように穴馬を軸にして抜けた2頭を相手筆頭とすれば、少ない点数で美味しい配当にありつけることも案外少なくありません。

個人的にはやはりそのような、「基本は穴馬から」というスタンスが好きですね。

 

まぁそもそも「そんな大して儲からない1点買いなんてやらねーよ」という賢明な方が大半だとは思いますが、ちょっと想像してみてください。

負けが込んで、残すところ最終レースだけとなりました。

オッズを見ると、今回取り上げた3つのレースのような感じで、2頭が抜けています。

「馬連2.6倍か・・・。R.ムーアとC.ルメールなら間違いない。よし、3万ぶっ込んで、今日の負けをチャラにしてやる!」

・・・数分後、撃沈。

 

私も度々やってしまう王道パターンです(苦笑)

ですから、今回の投稿は自分への戒めとして書きました。

抜けた2頭を過信するな!ということを胸に刻んで、次週の競馬に臨みたいと思います。

 

それでは以上、参考までに。

先週土日のレース結果付きのオッズ表をこちらから無料でダウンロードいただけますので、馬券の研究や回顧にぜひどうぞ!

1~12R全てのオッズ表を無料でダウンロードいただけますよ~!

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home