スポンサーリンク

【オッズ表回顧】土曜京都のダート戦は理想的な荒れ方が多かった!(2017年1月21日)

オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

稀勢の里の横綱昇進が決まり、昇進伝達式が行われました。

口上は「横綱の名に恥じぬよう精進します」というシンプルなもの。

それでも噛んでましたから、よほど緊張するのでしょうね。

今後横綱らしい相撲でモンゴル勢を圧倒し、角界をけん引していってほしいものです。

私も、あなうまさんという名に恥じぬよう精進します(!?)

 

さて今回は、先週2017年1月21日()の京都ダート戦を中心に、オッズ表を簡単に回顧したいと思います。

とにかく理想的な荒れ方をしたレースが多かったので、今後のためにケーススタディしておきましょう。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

スポンサーリンク

2017年1月21日()は京都でバーゲンセール!

この日の京都は芝稍重、ダート重でスタート。

やはり馬場状態が馬券に与える影響は大きく、前半のレースから波乱が続きました。

 

京都4R(重馬場+新馬戦で3連複54,150円!)

まずは京都4R(ダ1400m)からいってみましょう。

オッズ表がこちらです。

これはもうめちゃくちゃ理想的な形で、お手本のようなオッズ表です。

荒れる確率が高いと明確に判断できますし、とにかく軸馬を選びやすい。

軸馬はC群の④⑨でOKですね。

私も当然このレースを買いましたが、2着に来た⑮を拾いきれず、あと一歩のところで外してしまいました。

う~ん、悔しい・・・。

⑮は馬連7位から単勝11位に下落、複勝オッズも高いためカットしたのですが、完全に裏目に出てしまいました。

⑮は馬連7位、つまりB群に属しているわけですから、機械的に買い目に入れておけば良かった・・・。

 

このような外し方をしてしまう日はまず勝てません。

例えばパチンコなら、調子の良い日は3千円も打たずにかかるものですが、調子の悪い日はいくら打っても全くかかりません。

よく分からない例えですが、要するに出足がダメならその後もダメ、ということが多い。

案の定、続く京都6R、京都7Rも、見込み通りに荒れてはくれたものの、的中には至りませんでした。

 

それではその京都6R、京都7Rのオッズ表を続けてご覧ください。

 

京都6R(C群が2頭絡んで3連複10万馬券!)

先ほどの京都4R同様、重馬場+新馬戦という強力な外的要因で、オッズ表の形もよく似ています。

結果はご覧の通り、C群(馬連9位~12位)から⑭⑦の2頭が絡み、3連複は101,700円と、10万馬券になりました。

 

このレースも十分獲れる可能性があったのですが、またあと一歩のところで外してしまいました。

購入馬券がこちらです。

軸馬(馬1)を馬連11位の①1頭にしてしまった、これが敗因の全てです。

相手筆頭(馬2)には1着の⑨が入っていますし、ヒモ(馬3)も3着の⑭を拾えています。

軸馬(馬1)に2着の⑦を入れることができていれば堂々的中だっただけに、本当に悔やまれます。

何で軸馬(馬1)を1頭に絞ったかなぁ?

 

自分を客観的に振り返ってみると、おそらく京都4Rでのハズレが尾を引いていたのだと思います。

京都4Rが外れた時点で、「あ、今日はお呼びでないんだな」と、早くも土俵から降りてしまったんですよね。

予想に対する真剣味、集中力がなくなってしまい、「どうでもいいや」と投げやりになってしまったように思います。

 

う~ん、いけませんねぇ。

本来あるべきは、結果を淡々と分析して、次の馬券に繋げるという姿勢ですよね。

あなうまさんの馬鹿っ!もう知らないっ!

 

次いきましょう。

 

京都7R(やはりC群の穴馬が絡み、3連複3万馬券!)

1着はC群、馬連12位の穴馬⑯です。

ものすごい追い込みでした。

理由は分かりませんが、京都のダート1400mは馬場が渋ると本当に良く追い込みが決まります。

足抜きが良くなってハイペースになりやすいのでしょうか?

 

さて、購入した馬券がこちらです。

軸馬は馬連1位の⑨にしました。

まぁそれなりに根拠があってのことでしたが、いつも通りC群から軸馬を選ぶスタイルを貫けば普通に的中できたレースだったわけですから、もはや混迷を極めています(苦笑)

“雀鬼”こと桜井章一氏がその著書の中で、「スランプのときこそ自然体でいつも通りに行け」みたいなことを仰っていましたが、本当にその通りですね。

 

波乱レースのパターンは決まっている

以上、土曜京都のダート戦で理想的な荒れ方をしたレースを取り上げましたが、とにかくパターンが似通っているということを実感いただけたと思います。

「え?そう?」という方、もう一度上に戻ってそれぞれのオッズ表を見比べてください。

似てるでしょ?

 

そうなんです。

お察しの通り、今後同じような形のオッズ表が出現した場合、同じような結果になることを期待してフォーメーションを組めば良いわけです。

そうすれば自ずと3万馬券、5万馬券、10万馬券が当たります。

私は今回残念ながら馬券を獲ることができませんでしが、先に回顧した通り、荒れるであろうレースを事前に見極め、ピンポイントで購入することはできました。

 

この点がオッズ表の強みなんです。

オッズ表を使えばレースの構造(荒れるか荒れないか、どの穴馬が絡むのか)をひと目で判断できますので、無駄なレースに手を出さずに済みますし、予想時間も少なく済みます。

ですから、時間のない家庭持ちサラリーマンの方におススメ。

いちいちコンビニに新聞を買いに行く手間もありませんし、本当に楽ですよ。

また、競馬の知識が乏しい、けど色々と覚えるのはめんどくさい、でも馬券は獲りたい、という私のようなわがままな方にもおススメです(笑)

 

それでは今回はこの辺で。

こちらから先週土日全レースのオッズ表を無料でダウンロードいただけますので、ぜひ見てみてください。


PAGE TOP