【オッズ表回顧】荒れすぎ!日曜中山には間違いなく魔物がいた!(2017年1月22日)

2017年1月27日オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

前回は、先週土曜日の京都ダート戦を中心に振り返りました。

 

今回は、先週日曜日の中山を中心に、オッズ表を振り返っていきたいと思います。

先週日曜日の中山は、もう荒れ放題

例えるなら、高橋ヒロシの『クローズ』みたいなもんでしょうか(?)

 

オッズ表でさえも拾うことができない大穴馬が続々と台頭してしまい、穴党である私もさすがに嫌気が差してしまいました。

このような場合は、当日の傾向をしっかりと加味した上で、個々のレースの予想に臨む必要がありますね。

それでは早速オッズ表を振り返っていきますが、全部で9レース分見ていきますので、ザーッと超特急でいきます。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

2017年1月22日()の中山は本当にひどかった!

中山1R(馬連11位、単勝50倍超の穴馬が1着に!)

単勝1倍台の1番人気⑭が2着を確保したものの、1着は穴馬⑧で、単勝の配当は5,570円(!)となりました。

3連複10,860円、3連単136,210円です。

 

中山3R(馬連13位の大穴馬が1着で、3連単100万馬券!)

馬連オッズが200倍を超えるD群の大穴馬⑬が1着となりました。

3連複146,510円、3連単1,096,690円です。

出ました100万馬券!

この時点で、「ん?今日の中山はどこかおかしい!」と気づくべきですね。

 

中山5R(圧倒的な1番人気が2着に敗れる!)

1番人気⑪はC.ルメール騎手の騎乗でしたが、1つ前の4Rで落馬した影響があったのかもしれません。

⑪は最終オッズで単勝1.3倍まで支持されましたが、ゴール前で田辺騎手騎乗の⑨に交わされ、2着に敗れてしまいました。

間違いなく、この日の中山には不穏な空気が漂っていますね。

魔物がいる・・・?

 

中山6R(新馬戦も案の定波乱に!)

単勝10位の断層より後ろの①が3着に入り、3連複54,910円の好配当に。

「想定以上の穴馬」とは、この①のように断層より後ろに位置していたり、単複オッズが高めで買いづらい穴馬を差します。

以降のレースでも、このような穴馬が台頭し続けました。

 

中山7R(またまた単勝50倍台の大穴馬が1着に!)

ほら、このレースも!

まるで9位の断層など無いかのように、その後ろの大穴馬が来ました。

単勝5,250円、3連複33,270円、3連単305,090円の好配当です。

 

中山8R(やっぱり断層より後ろの馬が来る!)

またかよ!

9位の断層より後ろの②が3着に入り、3連複万馬券です。

 

中山9R(ハンデ戦も必然の波乱に!)

もう勘弁して・・・。

馬連10位、2.35の大きさの断層を軽々と突破し、⑦が2着に。

3連複43,590円、3連単200,440円の好配当です。

 

中山10R(極めつけがこれ!3連複65万馬券、3連単278万馬券の大波乱に!)

極めつけがこのレースでした。

A群(馬連1位~4位)の上位人気馬、B群(馬連5位~8位)の中穴馬が全滅。

何とCCD型という、年に数える程しか出現しない型の大波乱になりました。

3連複658,090円、3連単2,787,880円・・・278万馬券っ!?

もう笑うしかありません。

 

中山11R AJCC(GⅡ)(C.ルメール騎手がこの日2度目の落馬、シングウィズジョイは予後不良、安楽死処分に・・・)

最後にメインレースのAJCC(GⅡ)を。

ご覧の通り荒れはしませんでしたが、C.ルメール騎手騎乗のシングウィズジョイが直線で転倒する事故が発生・・・。

シングウィズジョイの痛々しい姿を見ながら確信しました。

「今日の中山には間違いなく彼(魔物)がいた」と・・・。

 

彼の前ではどんな武器も無力ですから、とにかく逃げるが勝ちでしょうね。

妖怪ウォッチでいう「鬼時間」みたいなものです。

逃げましょう。

 

それでは今回はこの辺で。

こちらから先週土日全レースのオッズ表を無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。


PAGE TOP