【オッズ表回顧】ヤングマンパワーを買ってはいけなかった単純な理由(2017年2月5日東京新聞杯(GⅢ))

オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回は、先週行われた東京新聞杯(GⅢ)のオッズ表を振り返ります。

少頭数で配当的にもそれほど面白くなかったレースですが、今後のためにも覚えておくべきことがひとつあります。

それは、前日朝一のオッズ表をしっかりと見てから馬券を買うということです。

ヤングマンパワーを買ってはいけなかった単純な理由

早速、東京新聞杯(GⅢ)前日朝一のオッズ表を見てみましょう。

こちらです。

※レース前日午前9時30分時点のオッズをもとに作成。

※赤=1着、黄=2着、水色=3着。

 

⑩ヤングマンパワーの単勝オッズ、複勝オッズを見れば、買ってはいけない理由が一目瞭然ですね。

単勝オッズ5.4倍に対し、複勝オッズが2.2~5.8倍もついてしまっています。

このように複勝オッズの上限(5.8倍の方)が単勝オッズを上回っている馬は、まず期待できません。

きちんと馬券に絡んでくる馬というのは、前日発売~当日のレース発走まで、単勝オッズと複勝オッズのバランスが抜かりなく整っているものです。

 

参考までに今度はレース当日のオッズ表を見てみましょう。

こちらです。

⑩ヤングマンパワーのオッズは前日朝一のそれとは違い、いかにも人気馬という感じになっていますね。

このオッズ表からは特に不安要素を感じ取ることはできません。

しかし、先に見た前日朝一のオッズ表で既に“落第”の印を押されてしまっていますので、⑩ヤングマンパワーを本命にすることだけは避けるべきでした。

 

でも私はヤングマンパワーを本命にした・・・残念っ!

・・・なんて偉そうに述べましたが、何を隠そう、私はヤングマンパワーを本命にしてしまいました。

◎⑩ヤングマンパワー

⑦エアスピネルが人気になっていますが、それに歯向かうのが穴党というもの(笑)今年の明け4歳馬には勢いがありますし、鞍上の武豊騎手も目下絶好調ですから、普通に馬券に絡むとは思います。ただ、いかんせん美味しくない。こういう時は1番人気以外の馬を買うのが鉄則ですよね。ということで、本命は⑩ヤングマンパワーにします。戸崎騎手に戻りますし、人気を落とした今回は絶好の買い時でしょう。単勝と、1着固定の3連単を購入しました。

【予想&買い目】東京新聞杯(GⅢ)、きさらぎ賞(GⅢ)ほか(2017年2月5日)

恥ずかし~っ!

前日朝一のオッズ表は当然見ていましたが、「何だ、つまらんオッズ表じゃのお~」と思っただけで終わり。

⑩ヤングマンパワーのオッズがあんなことになっていたことは、レースが終わった翌月曜日に気がつきました。

本当にもったいない。

ワイドマトリクス表にも、⑩ヤングマンパワーより②ブラックスピネルの方が有力だというサインがしっかりと現れていましたし。

 

こちら、改めて前日朝一のワイドマトリクス表ですが、

ワイド7-10よりも、ワイド2-7の方がオッズが低く、1番人気になっていました。

ここまで気がつくことができれば、あとは簡単です。

全体的に荒れない判定である 勝つのは3位の断層手前の上位人気馬 ⑦エアスピネルは被り気味で美味しくない ⑩か②の2択 ⑩ヤングマンパワーは前日朝一のオッズで落第 ②ブラックスピネル買うしかないじゃん!

 

たったこれだけのプロセスで単勝640円は美味しすぎますね。

前日朝一のオッズ表はしっかりと見ておく!

肝に銘じておきたいと思います。

トホホ・・・。

 

それでは、今回はこの辺で。


PAGE TOP