スポンサーリンク

【オッズ表回顧】スワーヴリチャードを買うべきだった単純な理由(2017年2月12日共同通信杯(GⅢ))

2017年4月12日オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

小倉競馬場で代替開催が行われていますが、皆様ちゃんと出社しましたか?w

私もしぶしぶ出社しました。

馬券が本業という稀有な方から見れば「サラリーマンの馬券ファンなんか腰抜け」ということになるのでしょうが、こればかりは仕方ありません。

競馬を心置きなく楽しむためにも、月々の安定した収入は必要ですから。

 

さて今回は、昨日行われた共同通信杯(GⅢ)のオッズ表を振り返ります。

タイトルにある通り、勝ったスワーヴリチャードには買うべきだった単純な理由がありました。

もちろん、前日朝一のオッズ表です。

スポンサーリンク

スワーヴリチャードを買うべきだった単純な理由

早速、共同通信杯(GⅢ)前日朝一のオッズ表を見てみましょう。

こちらです。

※レース前日午前9時30分時点のオッズをもとに作成。

※赤=1着、黄=2着、水色=3着。

ご覧の通り、勝った①スワーヴリチャードの単勝が異常に売れています。

複勝オッズが1.4~2.1倍とおかしなことになっているのは、⑦ビルズトレジャーの複勝に異常投票が入ったからでしょう。

⑦ビルズトレジャーの複勝異常を見たときは驚きましたが、単勝オッズが高いことと、頼りない鞍上(田中勝春騎手)であることを考慮すると、まぁダメだろうと判断できます。

この馬、鞍上が強化されればいつか穴をあけてくれるでしょう。

 

さて、①スワーヴリチャードに話を戻します。

実はこの1時間前、8時30分頃のオッズはもっと強烈で、①スワーヴリチャードの単勝オッズは1.3倍、複勝オッズは1.1~1.1倍の断然1番人気になっていました。

まだまだ投票数が少ない時間帯ですが、これは明らかな異常です。

レースではその異常の通り、絶好の手応えで快勝しました。

 

参考までにレース当日のオッズ表も見てみましょう。

④①⑤の3強+③という感じですが、④①⑤の3頭はほぼ横一線で、どの馬を本命にしようか迷ったという方も少なくなかったのではないでしょうか?

こんな時こそオッズが頼りになるもの。

前日朝一で①に異常が出ていたことを知ってさえいれば、悠々と①を本命にすることができました。

馬主や調教師、騎手といったバックグランド的には④や⑤の方が魅力的だっただけに、①から馬券を獲ることの価値は相当高いものだと思います(たとえ配当はいまひとつだったとしても)。

 

前日朝一オッズの確認は必須!

というわけで結論。

このブログで何度も述べていますが、前日朝一のオッズは絶対に見ておく!

これだけで来る馬(買うべき馬)、来ない馬(カットして差支えない馬)を判断できる場合が少なくありません。

つい先日行われた東京新聞杯(GⅢ)のヤングマンパワーもそうでしたね。

関連記事:【オッズ表回顧】ヤングマンパワーを買ってはいけなかった単純な理由(2017年2月5日東京新聞杯(GⅢ))

 

まぁ私のように馬券に結びつけることができずに失敗ばかり重ねてしまう場合もあるでしょうが、それでもこうした事実を知っているということは、絶対に強みになります。

こうした事実を知らずにハズレ馬券を掴んでしまう人たちとは一線を画して、圧倒的な差をつけてやりましょう!

 

それでは今回はこの辺で。

こちらから先週土日全レースのオッズ表を無料でダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

 


PAGE TOP