【オッズ表回顧】高確率で馬券に絡む馬を見つけることは難しくない!・・・問題はそこから(2017年4月9日福島10R)

2017年4月13日オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今週末に行われる皐月賞(GⅠ)。

ここ5年で4勝している共同通信杯(GⅢ)組からスワーヴリチャードを本命にしようと考えていますが、最終的な判断はもちろん前日、当日のオッズ表を見てから。

金曜日に馬券の発売が行われるので、前々日のオッズからも目が離せません(特に前々日最終オッズ)。

GⅠで異常オッズが出現する頻度は高くありませんが、期待したいと思います。

 

さて、今回は先週日曜日(2017年4月9日)の福島10R 燧ヶ岳特別を振り返ります。

華やかな桜花賞(GⅠ)の裏でひっそりと行われた500万下。

こういうレースこそ、異常オッズの宝庫なのです。

(馬券は外しましたが……。)

 

以下、オッズ表の全てレース当日のもので、赤は1着、黄は2着、水色は3着です。

2017年4月9日()福島10R(ワイド異常、単複異常が多数出現!)

9時30分のオッズ表

まずは、いつもの9時30分のオッズ表からどうぞ。

最終オッズの6番人気-2番人気-15番人気で決まり、3連複8万馬券、3連単42万馬券となりました。

この時点で⑤⑥②⑬が単複上昇馬(※)ですし、②は馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表的にも面白いのですが、そこまで強力な異常オッズは発生していません。

「高確率で馬券に絡む馬」はどれか?と言われても、判断が難しいです。

※単複上昇馬(単複異常馬)=馬連の順位に対して単勝または複勝の順位が5位以上上昇している馬

 

しかし、後に状況が一変しました。

10時30分のオッズで作ったオッズ表を見てみます。

 

10時30分のオッズ表

9時30分のオッズ表との違いが一目瞭然ですね。

特筆すべきは次の2点です。

  1. ワイド3-15、3-7、2-3のオッズが急落している
  2. 大穴馬⑧の単勝オッズ、複勝オッズが急落している

 

まず1についてですが、③絡みのワイドが3点急落しました。

  • 3-15 10.7倍→4.9倍(ワイド1番人気)
  • 3-7 21.6倍→5.8倍(ワイド3番人気)
  • 2-3 10.0倍→5.0倍(ワイド2番人気)

驚くのは、これらの急落後のオッズがその時点のワイド1~3番人気を占めていること。

これほどの異常オッズは滅多にありませんので、少なくとも上記の3点すべてに絡む③だけは馬券圏内を外さないだろうと、確信を持てます。

 

次に2についてですが、馬連15位の大穴馬⑧の単勝オッズ、複勝オッズが急落しています。

  • 単勝オッズ 43.0倍(14番人気)→18.2倍(11番人気)
  • 複勝オッズ 7.2~8.9倍(14番人気)→4.5~5.3倍(10番人気)

単勝オッズは実に24.8倍もの急落で、馬連とワイドを除けば、完全に馬券圏内のオッズになりました。

 

「これは!」と思って3連単で勝負するも、失敗に終わる

以上を考慮して、私は次のような馬券を購入しました。

急落したワイド3点の組合せを軸にした3連単(軸2頭マルチ)です。

 

「これは獲ったも同然!」とルンルン気分でいたのですが、結果は残念ながらハズレ。

③は2着に来たものの、⑮⑦②がいずれも馬券に絡みませんでした。

3着に来た大穴馬⑧をしっかりとフォローできていただけに、悔し過ぎる結果となりました。

 

結論!

「高確率で馬券に絡む馬」を見つけたら、3連単1、2着流しを買え!

あるいは、その馬の単複を買え!

 

今回取り上げた福島10Rにおける「高確率で馬券に絡む馬」とは当然、急落したワイド3点に全て絡んでいたですね。

オッズ表と時系列オッズを用いれば、③のような馬を見つけるのは決して難しくないということを実感していただけたと思います。

 

しかし、馬券を獲れるかどうかはまた別問題。

 

今回私が買ったような、軸馬2頭の3連単は難しいです。

過去にそのような買い方で何度も成功していますが、外れてしまうことも多いのが事実。

(それを知っていながら、なぜ同じ過ちを繰り返してしまうのか……)

 

ですから今回の場合は、③からの3連単1、2着流しを買うべきだったと思います。

D群の大穴馬⑫⑭⑬を除いて総流ししても、点数は264点で済みました。

 

「それじゃ点数が多すぎる」という方は、③の複勝1点や③からの馬連でも十分だと思います。

3連単に比べると破壊力はありませんが、当たりやすさという点ではかなり有利で、難しい買い方をして外してしまうよりはマシですよね。

実際、③の複勝は230円つきましたし、馬連3-6は4,180円つきました。

ほとんど労力を払っていない予想ですので、十分割に合っていると言えるでしょう。

 

それから、やはり無視できないのは、単勝オッズ、複勝オッズが急落していた大穴馬⑧です。

大穴馬ゆえに多額のお金を賭けるのは気が引けますが、複勝は1,470円もついたので、千円、2千円でも買っておけば嬉しいお小遣いゲットとなりました。

仮に2千円買っていたら2万9,400円ですから、それをコロガシたり、美味しいものを食べたり。

いいですねぇ。

(3連単や3連複を買う場合には、ヒモに入れておくこともお忘れなく)

 

とにかく、「高確率で馬券に絡む馬」や「異常オッズが出た大穴馬」、これらをどう馬券に活かして勝つかという点が、腕の見せ所ということです。

(異常オッズだからと言って確実に馬券に絡むわけではないので、その点は十分にご注意ください。)

 

それでは、今回はこの辺で。

 


PAGE TOP