オッズ表ヘッダー部の見方(外的要因、レース判定の説明)

カテゴリー: オッズ競馬予想講座

今回は、オッズ表のⅠの部分、「ヘッダー部」の解説を行う。赤枠で囲った部分だ。

ちなみに、2016年5月8日(日)の京都9R 鴨川特別のオッズ表である。

ヘッダー部赤枠馬連マトリクス表ワイドマトリクス表

他の部分に比べれば容易にご理解いただけると思うが、決してどうでもいい話ではない。とても大事な話だ。

それではいってみよう。

 

オッズ表のヘッダー部の見方

レース基本情報欄について

ヘッダー部には、まずレースの基本情報が載っている。

オッズ表_ヘッダのレース基本情報

いくらオッズ競馬予想では新聞を見ないからと言って、レースの基本情報すら知らないでいるわけにもいかない。せめてこれらの情報くらいは知っておきたい。

 

外的要因欄について

次に、外的要因が載っている。

オッズ表_ヘッダの外的要因

外的要因とは、レース結果を大きく左右する外的な要因、条件のことだ。競馬予想する上で非常に重要な要素である。

 

各項目に設定されうる値を列挙すると次の通りだ。

  • 馬場・・・「良」「稍重」「重」「不良」
  • 重賞・・・「GⅠ」「GⅡ」「GⅢ」
  • 種目・・・「ハンデ」「新馬」「障害」「牝馬」

種目については補足しておこう。

「ハンデ」はハンデ戦、「新馬」は新馬戦、「障害」は障害レース、「牝馬」は牝馬限定戦のことである。いずれも穴馬が台頭し、好配当になりやすい傾向にある条件だ。

 

さて、わざわざこのような外的要因欄を設けてある理由は言うまでもあるまい。

レースの外的な要因、条件を考慮せずに競馬予想することはナンセンスである。

多少の馬券歴がある方なら、馬場状態やハンデ戦か否かと言ったことがレースの結果に大きく影響することを実感しているはずだ。

 

例えば重馬場やハンデ戦といったレースの場合、外的要因欄はこのようになる。

オッズ表_ヘッダの外的要因強

いかにも「荒れるぞ!」と警鐘を鳴らしているように見える。こういうレースは「外的要因が強い」とか、「強力な外的要因」といった言い方をする。

もちろん常に荒れるわけではないが、思い切って大穴馬を軸にするか、あるいは大穴馬をヒモに含ませておくと良いことがある。

 

馬場状態やハンデ戦だけでなく、重賞レースであるか否かも大きい。

重賞となると関係者の本気度が違うためか、思わぬ穴馬が飛び込んでくるのだ。

先日(2016年5月1日(日))行われた第153回 天皇賞(春)のカレンミロティックなどは典型的な例である。天皇賞(春)に向けてひっそりと、だが確実に仕上げて来ていた。

 

外的要因欄には常に注意を払ってほしい。

 

レース判定欄について

最後にこの部分だ。

オッズ表_ヘッダの穴レース候補

レースの全体像や傾向(堅いか荒れるか)を判断するための項目が並ぶ。

各項目について説明しておこう。

 

「単30.0未満」とは、出走全馬のうち単勝オッズが30.0倍未満の馬の頭数である。10頭以上で穴レース候補となり、×印が付く。

ただし、あくまで目安であることを強調しておく。

 

次に「複3.0未満」とは、複勝オッズが3.0倍未満の馬の頭数である。2頭以下で穴レース候補となり、×印が付く(ただし単勝30.0倍未満の頭数が10頭以上の場合に限る)。

複勝オッズは1.1~1.2のように範囲で示されるが、上限のオッズである1.2の方を使って判断することに注意してほしい。

 

「複4.0未満」も同様に、複勝オッズが4.0倍未満の馬の頭数である。4頭以下で穴レース候補となり、×印が付く(ただし単勝30.0倍未満の頭数が10頭以上の場合に限る)。同じく複勝オッズが1.1~1.2の場合、1.2の方で判断する。

 

最後に「単勝偏差」とは、出走全馬の単勝オッズの標準偏差である。「標準偏差」については詳しく解説しないが、要はバラツキのことだ。

数値が小さいほど各馬横一線、すなわち穴馬にもチャンスあり!と判断できるのだが、少頭数のレースでは数値が小さくなりやすいし、あくまでも参考程度の項目だ。見なくても特に困ることはない。

 

以上の説明を踏まえた例を上げると、穴レース候補の場合、このように×が並ぶ。

オッズ表_ヘッダの穴レース候補穴レース

何度も言うが、あくまでも目安である。

×が3つ並んだからといって必ずレースが荒れるとは限らない。

こうした機械的な判定は目安としては便利だが、時に先入観となって予想の邪魔をすることも多い。参考程度に留めるのがいいのだ。

 

 

まとめ

オッズ表のヘッダー部の解説については以上だ。簡単だったと思う。

まだピンと来ないかもしれないが、特に外的要因という要素は非常に大事だ。あなたが10万馬券、100万馬券を獲りたいと思っているなら、外的要因の強いレースで穴馬を軸に3連単を買えばいい。いずれ詳しく解説しよう。

 

レース判定欄も便利である。

土日は朝からおよそ30分おきにレースがある。全てのレースに手を出していては当然軍資金が持たない。

そこでレース判定欄の値を使って、予想対象、購入対象のレースを絞り混むのだ。

例えば穴党の私の場合、単勝30.0倍未満の馬が10頭以上という条件でフィルタリングして、荒れそうにないレースはハナから予想しない、というように使えるので便利なのだ。

 

それでは、今回はこれでおしまい。

あなうまさんでした。

あなうまさん

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home