実践!オッズ競馬予想(荒れる穴レース編Part1)

カテゴリー: オッズ競馬予想講座

オッズ競馬予想の実践第2弾。

今回は、荒れる穴レースのオッズ競馬予想方法について述べる。

予想するのは、2016年5月8日(日)に行われた新潟大賞典(GⅢ)だ。

2016年5月8日(日)新潟11R 新潟大賞典(GⅢ)

NHKマイルカップ(GⅠ)が行われた日の裏開催、ローカルのハンデ重賞である。

穴党の私はもうそれだけで食指が動いてしまうのだが、オッズ表を使って冷静に、客観的に予想していこう。

 

オッズ表

レース当日、午前9時30分のオッズで作成したオッズ表である。

フル

馬連11位まで断層が無いことがお分かりいただけるだろう。

穴馬(下位人気馬)が台頭する荒れるレースの典型的な形である。

 

では、手順に沿って予想していこう。

(各手順の判定基準や判断方法については、こちらを参照してください)

 

予想手順1:外的要因を確認する

外的要因

重賞、かつハンデ戦だ。

穴馬からの馬券を積極的に買っていい条件である。

 

予想手順2:レース判定を確認する

レース判定

3箇所全てに×がついた。

単勝30.0倍未満は11頭と、出走馬の実力が拮抗している。

また複勝3.0倍未満、複勝4.0倍未満も×。

(補足すると、複勝3.0倍未満、複勝4.0倍未満の頭数の判断には、上限の方のオッズを使う。複勝オッズが1.1~1.3と言った場合、1.3の方を使う。このレースの場合、上限の方のオッズが3.0倍未満なのは、③②の2頭である)

 

実力が拮抗し、なおかつ上位人気馬が弱い。

このようなレースでは穴馬が馬券圏内に台頭しやすい。つまり、荒れるレースだ。

 

予想手順3:1番人気の判定を行う(馬連1番人気のオッズ、単勝1位の馬の単勝オッズ・複勝オッズを確認する)

次に1番人気のオッズを確認し、レースの傾向を判断しよう。

馬連1番人気オッズの場所

馬連1番人気のオッズは14.0倍である。

そして単勝1位③の単勝オッズは4.8倍、複勝オッズは2.0~2.4と、総じて高い。

 

上位人気馬の馬券があまり売れていないのである。いまひとつ信用できない馬ばかりで、どの馬が来てもおかしくないレースということだ。

 

予想手順4:オッズ・断層・順位変動を中心に全体を見る

オッズ表全体をよく観察しよう。

馬連・単複比較

馬連11位まで単勝20.0倍を切るオッズで、断層も全く無く、下位人気馬まで横一線である。荒れるレースの特徴は、このように下位人気馬まで確固たる断層が無いか、断層があっても小さいことだ。

 

前回の投稿で取り上げた弥生賞(GⅡ)のオッズ表と見比べてみると、違いが一目瞭然だろう。

これが2016年3月6日(日)中山11R 弥生賞(GⅡ)のオッズ表だが、堅いレースでは上位人気馬の馬連、単勝の両方に大きい断層が必ずある。

馬連・単複比較

 

さて、新潟大賞典(GⅢ)のオッズ表に戻ろう。

馬連・単複比較

ストップ断層は馬連11位の断層と見たが、いかがだろうか?

その後ろの馬、特に⑯と⑩はギリギリ馬券圏内のオッズではあるが、確率的にも馬連11位の断層より上位の馬で決着すると考えた方が良さそうだ。

 

次に順位変動を見てみよう。

馬連4位⑤の複勝順位が7位に下落、馬連9位④の複勝順位が5位に上昇するなどアンバランスな点はあるが、そこまで激しくはない。

つまり、極端に荒れるレース、穴-穴で決まるようなレースではない可能性が高い。

穴-穴で決まるようなレースは、もっと馬連と単勝の順位変動が激しく、線が複雑に交差しまくるのだ。

 

予想手順5:レース傾向の最終判断を行う(堅い/中穴/穴/大穴のいずれかを選ぶ)

上記予想手順1~4の結果を総合的に判断すると、穴レースと判断できる。

ただ、大穴レース(D群が絡んだり、穴-穴で決まるレース)ではなさそうだ。

 

予想手順6:買いか見送りかを決める

穴党の私は即「買い」と判断する。むろん穴馬が軸だ。

本命党の方は、おそらくこのレースは見送るだろう。

 

とにかく、このような上位人気馬の信頼が低いレースにも関わらず、馬連1番人気の③-②などを買ってしまっていては勝てない。

 

予想手順7:馬券の種類と買い目を決める

では、「買い」と判断したとして、買い目を考えてみよう。

馬連・単複比較

まず軸だが、このレースは「穴レース」だと判断済であるから、当然穴馬にする。

穴馬=C群である。該当するのは馬連9位~12位の④①⑨⑯だ。

 

まず⑯は馬連11位の断層の後ろに位置している上、単勝オッズ、複勝オッズが高い。特に複勝オッズの上限の方、9.3倍というのは高い。よって、落第。

軸はストップ断層の手前の馬、④①⑨のいずれかにするのが良いだろう。

 

④は複勝順位を上げており、一見すると軸馬として持って来いなのだが、④が示すオッズはもはや穴馬のそれではない。

穴馬というからには、もう少し高めのオッズの方が良いのである。従って、④は軸馬よりも相手にふさわしい。

 

すると残ったのは①⑨だ。ストップ断層手前に位置し、オッズもいい塩梅だ。

この2頭を軸にする。

 

次に相手だが、オッズ表からは全く絞り込めない。

安易に絞り混むと痛い目に合うから、ほぼ総流しの③②⑭⑤⑪⑮⑫⑥④とする。

 

穴-穴という極端な穴レースになる可能性は高くないので、相手に軸馬の①⑨までは含めなくていいだろう。

そういう観点でいうと、複勝オッズ(上限の方)が5.2倍をつけている⑫はカットしていいかもしれない。

 

また、⑤もカットしていいかもしれない。理由は、複勝順位が下落していることだ。

さらにこういう法則がある。

複勝オッズ(上限の方)* 2 > 単勝オッズ の場合、馬券圏外となる可能性が高い。

 

⑤のオッズを式に当てはめてみよう。

4.1倍 * 2 = 8.1倍だ。8.1倍 > 7.1倍となるから、⑤は馬券圏外に沈む可能性が高い。

もちろん例外も少なくないが、遊び程度に買う場合には面白い法則だ。

繰り返すが、相手は安易にカットしない方が絶対にいい。

 

さて、最後に馬券の種類を決めよう。

軸馬①⑨は連に絡むか、はたまた3着がいっぱいか。

 

迷った時は複勝オッズを見る。基準はこうだ。

下限が4.5倍以下、または上限が6.5倍以下なら、連に絡んでくれる可能性が高い。

 

①の複勝オッズは4.1~5.4倍。下限の方のオッズは4.1倍と、4.5倍以下だから合格。

⑨の複勝オッズは4.7~6.2倍。下限の方のオッズは4.7倍で4.5倍以下ではないが、上限の方のオッズは6.2倍と、6.5倍以下だからこれまた合格。

 

もちろんこの基準も例外が少なくない。重や不良馬場といった外的要因が強いレースでは、もっと高いオッズの馬が馬券圏内に飛び込んでくることも多いので注意が必要だ。

 

さて、①⑨は連に絡んでくれると見て、馬連フォーメーション①⑨-③②⑭⑤⑪⑮⑫⑥④の18点買いとする。

先ほど述べた通り、相手から⑤と⑫をカットして、馬連フォーメーション①⑨-③②⑭⑪⑮⑥④の14点買いとしてもいいだろう。

 

馬連が不安なら、ワイドでもいい。

ワイドフォーメーション①⑨-③②⑭⑤⑪⑮⑫⑥④の18点買い、あるいはワイドフォーメーション①⑨-③②⑭⑪⑮⑥④の14点買いだ。

もちろん、あなた独自の予想でもっと絞り込んでも全然構わない。

 

レース結果

さて、結果はご存知の通り、

1着⑨パッションダンス

2着③フルーキー

3着⑫シャイニープリンス

となり、馬連は5,190円、ワイドは③-⑨1,850円、⑨-⑫4,290円、③-⑫1,420円の配当となった。

フル結果付き

※1着=赤、2着=黄色、3着=水色

 

穴馬⑨は見事1着だったが、2着に1番人気が来てしまい、馬連の配当が安く収まってしまった。ハナ差3着の⑫が2着なら、楽々万馬券であった。

 

ちなみにこのレース、馬連よりもワイドの方が儲かったのである。③-⑨1,850円、⑨-⑫4,290円の2点的中で6,140円となり、馬連の5,190円を上回ったのだ。

ただ、相手から⑫をカットし、ワイドフォーメーション①⑨-③②⑭⑪⑮⑥④の14点買いとした場合、⑨-⑫4,290円という好配当を逃してしまうことになる。

 

だから安易に相手をカットしない方がいいのだ(・・・と自分に言い聞かせております)。

 

まとめ

荒れるレースとは、堅いレースの裏返し。

すなわち、上位人気馬のオッズが高い一方、穴馬(下位人気馬)のオッズは低く、確固たる断層もない、という特徴を十分感じていただけたと思う。

 

次回も荒れるレース、今度はもう少し順位変動の激しいレースを取り上げよう。

 

最後に、今回ご紹介した予想に役立つ判断基準をおさらいしておく。

  • 複勝オッズ(上限の方)* 2 > 単勝オッズ の場合、馬券圏外となる可能性が高い。
  • 穴馬の複勝オッズの下限が4.5倍以下、または上限が6.5倍以下なら、連に絡んでくれる可能性が高い。

もちろん例外も多いが、ひとつの目安にはなるはずだ。

 

以上、あなうまさんでした。

あなうまさん

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home