スポンサーリンク

セントライト記念(GⅡ)とローズS(GⅡ)、過去10年の結果

重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今週も、はや金曜日です。

日中も過ごしやすい陽気になり、行楽には持ってこいですね。

たまには競馬を休んで、ドライブやバーベキューに行くのも良いかもしれません。

 

さて、今回は今週末に行われる朝日杯セントライト記念(GⅡ)とローズS(GⅡ)を取り上げますが、準備をしようとしたところ、両レースとも2014年のオッズ表しかないことが分かりました。

こうなったら、「過去のオッズ表なんて見なくていいや!」と、開き直るしかありません。

過去10年の結果だけ簡単に振り返って、おしまいにしちゃいましょう。

 

ものすごく薄い内容の投稿になります(苦笑)が、よろしければご覧ください。

 

スポンサーリンク

セントライト記念(GⅡ)、過去10年の結果と傾向

まずはセントライト記念(GⅡ)から。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

1番人気は(3-1-1-5)で勝率3割、連対率4割、3着内率5割とまずまずです。

2桁人気の穴馬は延べ5頭馬券に絡んでいます。

単勝オッズが20.0倍前後~30.0倍前後の馬が結構馬券に絡んでいますね。

単勝オッズが40.0倍を超える馬も4頭絡んでおり、比較的荒れやすいと見て良さそうです。

 

騎手で目立つのはまず蛯名正義騎手で、3勝、2着1回、3着1回という活躍ぶりです。

今年は皐月賞馬ディーマジェスティでの参戦が予定されています。

「最近、蛯名騎手は調子が悪い!」というのが持論ですが、これだけ相性の良いレースですから、心配ありませんよね・・・?

 

それから、北村宏騎手も3勝しています。

昨年も勝っていますが、まさかキタサンブラックがその後菊花賞(GⅠ)を勝つとは思ってもいませんでした。

 

最後に、このレースでは活躍していませんが、現在「JRA重賞騎乗機会9連続連対中」の戸崎騎手は絶対に無視できません。

【セントライト記念】戸崎ゼーヴィントで連続連対記録「10」狙う

 

理論的には「消える」人気馬を馬券圏内に持ってきてしまう戸崎騎手・・・。

穴党としては「勘弁してちょ」という感じなのですが、これほど心強い騎手はなかなかいませんね。

今回も有力馬での参戦ですし、連続連対記録を伸ばすことに期待したいです。

 

ローズS(GⅡ)、過去10年の結果と傾向

次に、ローズS(GⅡ)です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%ef%bc%92

単勝オッズが20.0倍以上の穴馬が結構絡んでいますし、過去6回で3連複万馬券となっていますので、決して荒れにくいレースではありません。

ただ、1番人気の信頼度が高く、(5-2-1-2)で勝率5割、連対率7割、3着内率8割となっています。

2番人気は(1-2-2-5)とまずまずですが、3番人気は(0-0-2-8)、4番人気は(1-0-0-9)であるため、「人気馬を買うなら1番人気か2番人気が良い」と言えます。

1、2番人気から中穴馬(5番人気~8番人気)、あるいは穴馬(9番人気以降)に流す、という買い方が面白そうですね。

今年の出走表を見た感じでは、ジュエラーとシンハライトの2頭が抜けて、他はほとんど横一線、という構造のオッズ表になりそうです。

おそらくシンハライトが1番人気でしょうが、過去の結果を見る限り、安易に逆らうのは辞めておいた方が良さそうです。

 

 

以上、本当に簡単でしたが、セントライト記念(GⅡ)とローズS(GⅡ)、過去10年の結果でした。


PAGE TOP