スポンサーリンク

オッズ理論に欠かせないオッズ表の全体像

2017年5月26日オッズ競馬予想講座

一般的な競馬ファンは出走表(馬柱)がないと競馬予想ができないのと同じで、私はオッズ表がなければ競馬予想ができません。

ここでは、オッズ馬券師である私あなうまさんが実際に使っているオッズ表をご紹介します。

 

オッズ表をご覧いただく前に、オッズ理論の2つのキモ、「断層」と「順位変動」について理解しておいていただく必要があります。

先にこちらを読んでいただければと思います。

 

読んでいただけましたか?

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

オッズ表とは?

難しく考える必要は全くありません。

オッズ表とは、オッズ理論における出走表と思ってください。

 

前回も述べましたが、オッズだけで競馬予想をするには、何らかの方法でオッズを加工する必要があります。

オッズ表とは、オッズの並べ方を工夫して、「断層」や「順位変動」を見やすくした表です。

 

それでは早速、実際のオッズ表を見ていただきましょう。

2016年5月8日(日)の京都9R 鴨川特別(8頭立て)、レース当日午前9時30分のオッズを使って作成したオッズ表です。

 

オッズ表の全体像

これが「オッズ表」だ!

 

「なんだこれ?」という感じでしょうか。

すぐに理解できたという方は、ある程度長い馬券歴があるか、オッズ理論の経験がある方だと思います。

 

いずれにしても、ややこしいというか豪儀というか、数字が苦手という方にとっては目を背けたくなるものかもしれません。

このレースは8頭立てであるため数字(オッズ)も少ないですが、フルゲート18頭のレースではもっとぎっしりと数字(オッズ)が並びます。

 

でも、すぐに慣れます。

 

私は文系の学部出身で数字に強いわけではありませんが、それでも今ではオッズ表を使って競馬予想することに全く抵抗がなく、とてもエンジョイしております。

オッズ表を使いこなすには経験が必要であることは確かですが、当ブログと少し長い間お付き合いいただければ、必ずオッズ表という武器を有効活用できるようになります。

 

オッズ表の各部位の名称

さて、もう一度オッズ表を見てみましょう。

右側にⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳと番号が振ってありますね。

特に重要なことでもないのですが、各部位の名称(呼び方)を一応説明しておきます。

  • Ⅰの部分・・・「ヘッダー部」
  • Ⅱの部分・・・「馬連・単複バランス表」
  • Ⅲの部分・・・「馬連マトリクス表」
  • Ⅳの部分・・・「ワイドマトリクス表」

通常はⅠ~Ⅳの部分を全てひっくるめて「オッズ表」と総称していますが、ⅠとⅡの部分だけをもって「オッズ表」と呼ぶことも多々あります。

つまり、こういうことです。

  • 広義の「オッズ表」・・・Ⅰ~Ⅳの部分全て。
  • 狭義の「オッズ表」・・・ⅠとⅡの部分、あるいはⅡの部分のみ。

文脈、あるいはキャプチャ(ハードコピー)から、どちらの意味で「オッズ表」という言葉を使っているのか大抵は分かるはずなので、あまり気にしないでください。

また、Ⅰ~Ⅳの各部位の解説は次回以降丁寧に行うので、今回はオッズ表の全体像を掴んでいただくだけで十分です。

 

おわりに

オッズ表をご覧になった感想はいかがでしょうか?

細かい解説は一切していないので感想も何もないと思いますが、ぱっと見た感じ「よく分からない」という方もいらっしゃると思いますし、「大体理解できた」という方もいらっしゃると思います。

 

次回から、オッズ表の各部位の見方を丁寧に解説します。

既に「大体理解できた」という方にとっては細かすぎる解説になるかもしれませんが、ざっとでも一読していただくことをおすすめします。


PAGE TOP