スポンサーリンク

馬券本特集

2017年5月10日

おすすめの馬券本を紹介するコーナー。

得てして肝心なところが書かれていない馬券本も少なくありませんが、それでも馬券力向上の一助にはなると思います。

 

裁判所やマルサが認めたプロ馬券師・卍氏の本

馬券術の詳細は明かされていませんが、データの分析方法や着眼点、馬券術の構築に至る経緯など、非常に参考になります。

資金を枯渇させない方法などについても言及されており、馬券リテラシーが高まること必至!

払戻金の最高額には、度胆を抜かれました。

 

オッズ理論関連

オッズ理論の草分け的存在、故・相馬一誠氏の本

私の師匠(と勝手に思っている)、故・相馬一誠氏の本です。

「オッズ理論」というものを初めて知ったきっかけがこちらの本でした。

この本は本命党寄りのもので、「判定を重ねて確実なレースを確実に獲る」ということに主眼が置かれていたと記憶しています。

オッズ理論の基礎を知るには欠かせない本です。

 

その後も数々の本が出ましたが、出版社の意向もあってか、大穴狙い、3連単での好配当狙いにシフトしていきました。

やや大げさというか、煽るような調子の文章が残念ですが、内容は確かなものですので、一読して損はありません。

 

「オッズ」というものを改めて知る・考えるきっかけとなる本

広く浅くという感じでオッズ理論の基礎知識を身に着けることができる本です。

雑学的な多数のコラムもなかなか面白いですよ。

 

TARGETの生みの親・久根崎透氏の本

当たらないのは馬券の買い方が間違ってるから!

圧倒的な馬券知識と経験に基づく馬券の買い方指南書です。

 

久保和功(くぼ かずのり)氏の本

「京大式」シリーズ

「京大式」と謳っていますが、著書が京大卒だからというだけで、内容は決して難しくありません。

券種の選び方、馬券の買い方などが非常に参考になります。

馬券リテラシーを高めたい方はぜひ。

 

久保和功氏と言えば「推定3ハロン」

強力な穴馬を見つけたり、軸馬を選ぶ時の一助になること請け合いです。

 

里中李生(さとなか りしょう)氏の本

結構アンチも多いと思われる里中李生氏ですが、本は面白いです。

3冊ほどしか読んでいないのですが、とにかく柴田善臣騎手や田中勝春騎手に対する批判がものすごい(笑)

いわく、「平場ばかり勝って大きいレースを勝てない騎手は三流」だそうですが、まぁそうですよね。

ちなみに、馬券は単勝と複勝を1:2で買うのがベストだと述べていました。

幅広い知識・経験で、勝負できる馬を選び出す予想スキルは確かなものです。

 

馬券生活者本

心構え的なことも参考になります。

「馬券でメシが食えたら」、「馬券で小遣いを稼ぎたい」、誰もが一度は思うことですよね。

 

辞書的な基本データ本

馬券の予想には膨大な知識が必要となりますので、こういった本が手元にあると何かと助かりそうです。

 

ユタカ本

騎手といえばやっぱり武豊!

 

シンジ本

岩田騎手への痛烈な批判やエージェント制について歯に衣着せぬ物言い。

個人的にはあまり好きな騎手ではありませんでしたが、競馬界を覗くことができる、面白い本です。

 

ナナコ本

競馬界のアイドルこと藤田菜々子特集。

目の保養にどうぞw

 

本格的競馬マンガ

実際の競馬より面白い!?本格的競馬マンガです。

個人的にはダービージョッキーがおすすめ。

 

個人的に今後読みたいと思っている秋山亮二氏の本

読んだことがある方、感想教えてください。

※「秋山」と言えば「アキヤマ式」の秋山忠夫氏が有名ですが、秋山忠夫氏の馬券本はおすすめしません。当たらないから……。

Posted by anaumasan


PAGE TOP