日本ダービー(G1)過去3年分のオッズ表(2018年版)

重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

いよいよ明後日に迫った2018年のダービーを前に、過去3年分のオッズ表を振り返っておきたいと思います。先入観を持たずに予想したいという方は、あまり見ない方がいいかもしれません。

2015年(第82回)

⑭ドゥラメンテ、①サトノラーゼン、⑪サトノクラウンで決まりました。最終1、5、3番人気です。ちなみに⑬はリアルスティールで、ヤネはユーイチでした。

 

2016年(第83回)

③マカヒキ、⑧サトノダイヤモンド、①ディーマジェスティで決まりました。3強と言われていたような?私は⑭ヴァンキッシュランから勝負しましたが、13着に惨敗。この時、内田を買うのはやめようと心に誓ったのでした。

 

2017年(第84回)

⑫レイデオロ、④スワーヴリチャード、⑱アドミラブルで決まりました。ついこの間のような気がしますが、あれからもう1年経ったんですねぇ。①⑬辺りが絡んでもおかしくないオッズ表でしたが、それでも堅く収まってしまいました。馬主、テキ、ヤネ全てがダービー初制覇ということでしたが、個人的にはお祝いの気持ちなど1ミリもなく。

 

まとめ

以上、ダービー過去3年分のオッズ表を(めっちゃ簡単に)見てきましたが、馬券的には全然おもしろくないということが分かります(苦笑)。穴党である私はダービーで美味しい思いをした記憶が全くないので、今年もあまり勝負はしないでおこう・・・と及び腰なのであります。オッズ理論ではなく正攻法の予想で導かれた馬の単勝を買う、これがダービーの清く正しい買い方という気がしてなりません。第80回、キズナの単勝を握りしめていたダービーが、近年では最も印象に残っていますから。

いずれにしても、ダービーだろうと平地だろうと、競馬は当ててなんぼです。発走まで時間は十分にありますので、ゆっくり予想していきたいと思います。アーメン。


PAGE TOP