【オッズ表回顧】サウジアラビアRC(G3)、毎日王冠(G2)、京都大賞典(G2)(2018年10月6日、7日、8日)

オッズ表回顧

先週行われた重賞を簡単に振り返ります。

サウジアラビアRC(G3)

④グランアレグリアが人気に応えて圧勝しました。暮れの阪神のG1はこの馬かと思いますが、マスコミがまた「怪物」とか言い出す(ってかもう既に言ってる?)んでしょうねぇ。2、3番人気の①③が飛んで馬連2,080円、3連複4,110円、3連単12,060円の配当でした。私は④→③の馬単1点で勝負しましたが、見事にハズレでした。

 

毎日王冠(G2)

⑨アエロリットが全く隙のない競馬で勝ちました。7~10番人気のいずれかが絡むと思いましたが、6位の断層手前の上位人気馬だけで決まってしまいました。単勝30.0倍未満が7頭しかいませんし、馬連1番人気も6.0倍と低め、目立った順位変動もありませんから、順当に決まると見た方が良かったです。

 

京都大賞典(G2)

⑧②の2頭が抜けていましたが、⑧シュヴァルグランが飛びました。ユーイチの騎乗は特に問題なかったと思いますが、大魔神に嫌われちゃったかな?(笑)。ジャパンカップを目指すのだとは思いますが、適性は間違いないので、あとはどこまで出来を持っていけるかですね。一方で勝った②サトノダイヤモンドの方は、この馬本来の能力を見せてくれました。ジャパンカップで人気になってぶっ飛んでくれることに期待したい(笑)ですが、引き続き川田が乗るなら、おいそれとは切れませんよね。オッズ表的には、⑧②のオッズがもうひとつ抜け切れていなかったので、その他の馬が台頭してくる可能性も十分と判断できました。ただ、断層手前の馬が2、3着に来たわけでもないので、獲りづらいレースだったと思います。


PAGE TOP