【勝負レース回顧】2019年3月第3週(16日・17日)

勝負レース回顧

先週の勝負レース回顧です。

3月16日(

中京2R 3歳未勝利

900円×73.6倍=66,240円

100円×1075.3倍=107,530円

100円×1075.3倍=107,530円

馬連1番人気が15.4倍もついています。AB群の順位変動も激しく、ここは荒れると見て穴馬から入るべきです。ただ、9位に大きな断層があります。それより後ろはどの馬もオッズが高く、買えません。となれば軸馬は9位の断層手前③⑪で決まりです。

結果はその③⑪が2、3着に入り、馬連と3連単のW的中となりました。3連単は相手筆頭(軸2頭目)を⑥だけに絞ることができたので、少ない点数で済みました。また、軸馬の③⑪が両方とも3着以内に来た場合を考慮した買い方をしたので、3連単が2つとも的中しました。

ちなみに相手筆頭(軸2頭目)を⑥にした理由は時系列オッズです。9時30分時点の⑥の単勝オッズは8.0倍(5番人気)ですが、10時には4.3倍(1番人気)になっていました。

とにかく全てが上手くいった感じです。オッズ理論のセオリー「断層手前の馬から買え!」の強力さを実感したレースでした。

余談ですが、このレースの発走時刻は10時20分です。10時前までオッズ表の配信やブログの更新作業をしていましたから、このレースの予想に費やした時間は15分程度です。わずかな予想時間で大きな成果を上げることができる点も、オッズ表の強みだと感じています。

 

中京12R 恵那特別

断層手前の馬を軸にしたのですが、うまくいきませんでした。3連複は5万馬券になりました。このレースのようにハンデ戦、あるいは重馬場といった強い外的要因下では、断層より後ろの馬に要注意ですね。

 

3月17日(

中山8R 4歳以上500万円以下

100円×402.6倍=40,260円

断層手前の単複上昇馬⑧から3連単を買いました。回収率は約350%とまずまずでした。⑬⑦⑤が2着か3着に来てくれたら美味しかったのですが、そこまで荒れてくれませんでした。

 

中京9R 4歳以上500万円以下

単複上昇馬⑤から買ってみたのですが、うまくいきませんでした。

 

2019年勝負レース通算成績

購入金額合計:782,600円
払戻金額合計:901,600円
利益    :119,000円
的中率   :23.1%
回収率   :115.2%

マイナス13万まで膨らんでいた負けを取り返し、プラスに転じることができました。調子が上向いてきたようです。ここで畳み掛けるように強気で勝負を仕掛けていくべきか、恐る恐る慎重に馬券を買うべきか。オッズ表次第ではありますが、経験上、後者の方が上手くいくと分かっている(笑)ので、今週末は臆病な馬券師と化したいと思います。

 

アーカイブ

1月第1週(5日・6日)

1月第2週(12日・13日・14日)

1月第3週(19日・20日)

1月第4週(26日・27日)

2月第1週(2日・3日)

2月第2週(9日・10日・11日)

2月第3週(16日・17日)

2月第4週(23日・24日)

3月第1週(2日・3日)

3月第2週(9日・10日)


PAGE TOP