スポンサーリンク

【オッズ表回顧】新人騎手の異常オッズ馬が堂々1着に!(2017年4月23日福島6R)

オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

お気づきかと思いますが、ブログのレイアウト(テンプレート)を変更しました。

スマホでも以前より多少はオッズ表が見やすくなったと思いますので、ぜひ競馬場やウインズでも、オッズ表をご活用ください。

 

さて、今回は先週曜日(2017年4月23日)の福島6Rを振り返ります。

このレースで新人ジョッキーの武藤雅(ムトウ ミヤビ)くんが初勝利を挙げたのですが、実は私、その武藤雅くんの騎乗馬を本命にしていたのであります。

理由はいつも通り「いかにも来そうな穴馬だったから」という一言に尽きるのですが、何よりも新人ジョッキーの騎乗馬とは思えない異常オッズが出ていたことが大きいです。

異常オッズは「新人ジョッキーの騎乗馬」という不安要素さえも掻き消してくれる買いのサインである、ということを改めて実感しました。

馬券は外れたんだけどね……(泣)。

 

それでは、簡単にですが振り返っていきましょう。

 

スポンサーリンク

異常オッズは珠玉の買いサイン!(2017年4月23日()福島6R)

オッズ表がこちらです。

単勝30.0倍未満が13頭(完全に×)で、順位変動も非常に激しい。

ひと目で荒れるレースだと判断できますが、このレースの特徴は異常オッズが多発していることです。

結果的に、このレースは何らかの異常オッズが発生していた馬だけで決着しました。

レース結果付オッズ表のレース一覧シートを見ると、一目瞭然です。

赤枠で囲ったところですね(毎週全レース終了後に配信しているレース結果付オッズ表では、このように1~3着に入った異常オッズ馬に色がつきます)。

異常オッズには「単複異常」と「馬連異常」と「ワイド異常」の3種類ありますが、単複異常馬から⑪と②の2頭が、馬連異常馬から③②の2頭が、ワイド異常馬から②が絡んでいることが分かります。

特筆すべきは、1着の②が単複異常、馬連異常、ワイド異常のトリプル異常馬だったという点。

こんなことは滅多にありませんが、この②ノーブルプルートこそが、新人ジョッキー雅くんの騎乗馬だったのです。

 

このように、複数の券種で異常オッズが出ている馬は買いです。

新人ジョッキーであるという点は不安ですが、福島開催に参加する騎手は三流どころばかりですから、むしろ軽ハンデで有利!と捉えて問題ないでしょう。

 

で、当日公開した予想がこちら。

本日の勝負レース 福島6R

◎⑭②、○⑮⑧

3連単軸2頭マルチ
軸馬:14,15
相手:02,03,04,05,06,08,10,11,16(54点)
軸馬:14,08
相手:02,03,04,05,06,10,11,16(48点)
軸馬:02,15
相手:03,04,05,06,08,10,11,16(48点)
軸馬:02,08
相手:03,04,05,06,10,11,16(42点)

地味なレースで勝負してしまいました。◎は穴馬、○は上位人気馬です。②は新人の武藤雅(みやび)騎手。「微妙だなぁ……。」と思いましたが、軽ハンデを活かして突っ込んで来てくれることに期待します。

【予想&買い目】フローラステークス(GⅡ)、マイラーズカップ(GⅡ)、福島中央テレビ杯ほか(2017年4月23日)

また軸2頭マルチで失敗……。

素直に②から1、2着流し、あるいは単複、馬連を買うべきでした。

単勝1,420円、複勝530円、馬連5,670円もつきましたからねぇ。

く~っ、美味しい。

まぁ、「異常オッズに勝るものはない!」ということを実感できましたので、オッズ馬券師としては嬉しい限りでした。

このオッズ表は覚えておきたいと思います。

 

新人ジョッキーを舐めたらあかんぜよ

それにしても、この福島6Rでの雅くんの騎乗は見事でした。

好スタートを切って内でじっと追走し、直線では狭いところをグイグイついてアグレッシブに勝利!

思わず、「新人離れしてる!」と感心してしまいました。

「微妙だなぁ……。」なんて思ってごめん!

 

こうして、雅くんは私の中で一気に注目株にのし上がったのでした。

軽ハンデの今は絶好の買い時ですので、今度異常オッズを見つけたら迷わず買いたいと思います。


PAGE TOP