スポンサーリンク

ダービー当日の東京11Rは買い間違いによる異常オッズに要注意!

異常オッズ

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

ダービーの枠順が確定しました。

いよいよという感じですが、今回は、ダービー当日の注意点をひとつお話したいと思います。

スポンサーリンク

ダービー当日の東京11Rは買い間違いによる異常オッズに要注意!

ダービーは東京10Rですが、これが案外ややこしくて、いつもの癖でつい11Rを選択してしまい、間違って馬券を買ってしまうファンが後を絶たないそうです。

マークシートで間違って11Rを塗りつぶしてしまうのか、IPATで間違って11Rを選択してしまうのかは分かりませんが、とにかく買い間違いが多い。

それによって何が起こるかというと、11Rに偽の異常オッズが発生してしまうのです。

具体的に、オッズ表を見てみましょう。

 

2016年ダービー当日、東京11Rのオッズ表

これは昨年2016年のダービー当日、東京11Rのオッズ表です。

ダービーの次のレースですね。

馬連マトリクス表、ワイドマトリクス表をご覧ください。

①③⑧⑩⑫、これら下位人気馬同士の組合せが売れていることが分かりますよね。

特に赤枠で囲った部分、馬連の1-3、3-8が顕著です。

そうなんです、①③⑧という馬番でピンと来たと思いますが、ダービーの人気馬と同じ馬番なんです。

ということで、次にダービーのオッズ表を見てみましょう。

 

2016年日本ダービー(東京10R)のオッズ表

東京10R 日本ダービー(GⅠ)のオッズ表がこちら。

③マカヒキ、①ディーマジェスティ、⑧サトノダイヤモンドです。

1~3番人気の馬番と、先ほど見た東京11Rの馬連異常の馬番が合致していることが分かります。

つまり、東京11Rで発生した馬連異常、ワイド異常は、多くの馬券ファンの買い間違いによる偽の異常オッズだったということです。

がびーん。

 

⑪の単複上昇は本物の異常オッズだった

もう一度、東京11Rのオッズ表を見てみましょう。

繰り返しますが、①③⑧⑩⑫の組合せが売れているのは、ダービーの上位人気馬と同じ馬番であるためであり、買い間違いによる偽の異常オッズです。

しかし、2着に来た⑪の単複上昇、これは本物の異常オッズと見て良さそうです。

ダービーのオッズ表を見ると⑪は単勝100倍を超える大穴馬ですので、買い間違いによる投票ではない、と判断できるからです。

 

今回の記事の元ネタ

ということで、ダービー当日の東京11Rで異常オッズが発生した場合は要注意!

買い間違いによる偽の異常オッズである可能性があるので、入念に確かめてから馬券を買うようにしたいですね。

メモメモ。

 

ちなみに、このネタは私が気づいたものではなく、回収率をあげるオッズ馬券の教科書 (競馬王馬券攻略本シリーズ)が元ネタです。

プロローグ第4節の「2016年のダービーのひとつ後のレースが教えてくれた大切なこと」(P16)に書いてある内容を元にしました。

著者は東京11Rで偽の異常オッズが発生した③から馬券を買って撃沈したとのことで、

異常投票を見つけたとき、すぐに飛びつかずどうして異常オッズになったのかを冷静に分析することは大切なことです

回収率をあげるオッズ馬券の教科書 (競馬王馬券攻略本シリーズ)

と結んでいます。

 

これはダービー当日の東京11Rだけでなく、どのレースでもそうですね。

単複上昇や馬連異常、ワイド異常を見つけたら飛びつきたくなりますが、ひと呼吸置いて、じっくり考えることが大事です。

まぁじっくり考えるまでもなく、「何だ、菜七子だからか」と直ぐに原因が判明する場合もありますけど(苦笑)

 

とにかく、せっかく頑張って予想したのに買い間違える、これが一番痛いので、ダービー当日は穴が開くほどレース番号を確認してから、馬券を買うようにしたいと思います。

それでは、今回はこの辺で。


PAGE TOP