スポンサーリンク

2017年宝塚記念(G1)を振り返る

オッズ表回顧

宝塚記念(G1)が終わり、いよいよ夏競馬に突入です。

その宝塚記念は、ファン投票得票率歴代1位で圧倒的1番人気のキタサンブラックが馬券圏外に飛ぶという「まさか」の結果となってしまいました。北島オーナーはこの結果を受けて凱旋門賞への挑戦を断念したそうです。

【宝塚記念】9着キタサン凱旋門賞断念 北島オーナー「夏はゆっくり休ませて…」

サブちゃん、豪快な曲を唄う割りには保守的ですねぇ。まぁ馬のことを第一に考えての決断だと思います(というか是が非でも無事に引退させて種牡馬にしたいのでしょう)が、あれだけの馬ですから、競馬ファンとしては世界を相手に戦う姿を見てみたかったです。

こういう結果になってしまうと、天皇賞・春を使った後、凱旋門賞を見据えて休養に入ったサトノダイヤモンド陣営のプランニングの方が優れている気がしますね。

 

さて、余談はこのくらいにして、宝塚記念のオッズ表を簡単に振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

2017年宝塚記念(G1)のオッズ表

前日朝一

馬連2~6位の順位変動が激しいことが気になります。

また、⑩キタサンブラックは確かに大きな断層を伴って抜けていますが、単勝オッズが1.5倍ついてしまっていますし、馬連1番人気も6.0倍ついてしまっています。

純粋にオッズ表だけで判断するなら、⑩キタサンブラックは絶対的な1番人気とはいえません。

 

当日朝一

⑩の単勝オッズは相変わらず1.5倍です。最終的には1.4倍になりましたが、朝一のオッズの方が重要で、1.5倍という単勝オッズは個人的には「疑ってかかれ」です。

また、日中には一時単勝オッズが1.6倍に上がっていました。馬場も稍重でしたし、「ひょっとしたら⑩やばいかも」と判断することは可能だったと思います。

(私はそれでもキタサンは外さないと思っていましたけど……。)

いずれにしても、6位の位置の断層手前から2頭が絡んだので、そこから入れば難なく好配当がとれたレースでした。馬連は5,250円もつきましたからね!惜しいことをしました。

 

キタサンブラックの敗因は何だったのか

馬に聞いてみないと分かりませんが、ひとつには猛レコードを叩き出した天皇賞・春の疲れがあったのでしょう。週に坂路を3本も走るようなタフな馬ですが、それでもさすがに天皇賞・春は堪えたのでは。

それからやはり馬場です。ソウルスターリングが敗れた桜花賞、ミッキークイーンが敗れたヴィクトリアマイルしかりで、馬場が走りに与える影響は、人間が思っている以上に大きいのだと思っておいて間違いありません。

最後に武騎手の騎乗です。とても中途半端な位置取りに見えました。

アンカツさんの仰る通り、シュヴァルグランごときにハナを譲らず、行けば良かったのに。

 

余計な情報は一切不要!

とにかく今回の宝塚記念は「キタサンはまず3着は外さないでしょ」という先入観でいっぱいでした。いかんいかん。

また、「ゴールドアクター?ないない」とも思っていましたし、サトノクラウンも軽視してしまいました。やっぱり「普通の予想」ではダメですね。

オッズ理論で予想する上では馬名や騎手も知らない、オッズ以外の情報は何もないという状態で予想するのがベストですが、G1ともなると嫌でもあちこちから情報が入ってきますからねぇ。1番人気⑩がキタサンブラックだと分かってしまった時点で先入観に支配されてしまいますから、枠順も絶対に見ない方が良い。

なんて言いながら、発表された直後に見ちゃってますけどね。

まだまだ修行が足りません。


PAGE TOP