スポンサーリンク

2017年の夏競馬を振り返る

その他

オッズ馬券師あなうまさんです。

今週末から中山・阪神に開催が移ります。いよいよ秋競馬に突入、G1の足音も近づいてきたな~と思っていたのですが、実は「サマーシリーズ」がまだ終わっていないのですね。京成杯オータムハンデ(G3)がサマーシリーズの最終戦だそうですが、レース名が「オータム」なのに「サマーシリーズ」であるという何とも腑に落ちない感じ。個人的にはやはり、新潟や小倉、北海道が終わって中央に開催が戻る今週末から「秋競馬突入」な気分です。

ということで、簡単に夏競馬の回顧でもしようかなと思います。

スポンサーリンク

2017年の夏競馬回顧

馬券に消極的だった

ひとことで言えば、馬券に消極的な夏競馬でした。8月は2週間の夏休みをいただきましたし、末には突然の弔事もあり、ほとんど馬券を買いませんでした。

印象に残った馬券と言えば、夏競馬の最初の方、ラジオNIKKEI賞(G3)の週でしょうか。

【的中実績】2017年7月1日(土)函館11Rで回収率2200%達成!

【的中実績】2017年7月2日(日)福島11RラジオNIKKEI賞(G3)馬連、3連単W的中!

以降はこれといった的中もなく、仕事の方が忙しいこともあり、馬連2頭軸馬券を淡々と買う日々でした。

 

馬連2頭軸馬券術がボロボロだった

その馬連2頭軸馬券術がボロボロだったことも、夏競馬の思い出です。将棋の藤井聡太四段も青ざめる連敗で、現在まっ赤っ赤の大赤字です。

その原因が夏競馬という特殊性(売上の少ないローカル競馬オンリー)によるものなのか、そもそも馬券術のロジックがダメなのか。今後の秋競馬で審判が下ると思います(キャー)。

 

秋競馬もオッズ表で!

いずれにしても、私にはオッズ表を使ったオッズ理論以外の選択肢はありません。せいぜい秋競馬から有馬記念まで競馬を存分に楽しみ、あわよくばどこかで「好配当」という名の実りをゲットしたいものです。

その他

Posted by anaumasan


PAGE TOP