【オッズ表回顧】フェブラリーステークス(G1)、小倉大賞典(G3)(2018年2月18日)

オッズ表回顧

オッズ馬券師あなうまさんです。

先週日曜日に行われた重賞2鞍のオッズ表を簡単に振り返ります。

フェブラリーステークス(G1)

AAB型の比較的堅い決着でした。⑩テイエムジンソクが飛んだことで、⑭ゴールドドリームが順当に絡んだ割には3連複6,540円と満足のいく配当になりました。

私は前日朝一のオッズ表で複勝オッズが1.5~2.3倍(3番人気)と売れていた⑪ロンドンタウンを本命にしたのですが、見せ場もなく大敗。馬場が合わなかったのか、あまりのハイペースに中団からの追走でもきつかったのか…。

いずれにしても、このレースのように単勝オッズ30.0倍未満が少ないレースでは、穴馬狙いをしない方が無難ですね。

 

小倉大賞典(G3)

D群の大穴馬が2着に来ました。確かに外的要因は強いですし、最下位まで馬連と単勝で揃った断層もありませんが、このような結果になることは想定外です。

勝った1番人気⑬は前日朝一のオッズ表で単勝オッズ2.1倍、複勝オッズ1.1~1.1倍と優秀でした。それを見た時点で、「あ~あ、⑬馬券に絡んじゃうな~、川田だしな~、つまんね~。」と思い、見送りを決めました。馬券を買わずに良かったです。


PAGE TOP