荒れるけど獲りにくい!京王杯2歳S(GⅡ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表[2016年版]

カテゴリー: 重賞レース傾向分析

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回は、土曜日に行われる2歳馬限定の重賞、京王杯2歳S(GⅡ)を取り上げます。

暮れのGⅠ、阪神ジュベナイルフィリーズと朝日杯フューチュリティSの前哨戦という位置づけのレースですが、1400mという独特な距離のせいでしょうか、結構荒れやすいレースであるようです。

 

それでは早速、過去の傾向とオッズ表を見ていきましょう!

京王杯2歳S(GⅡ)、過去10年の結果と傾向

まずは過去10年の傾向をざっくりと見てみます。

keiouhai2saistakesichiran

馬連万馬券が3回、3連複万馬券が7回、3連単10万円超が7回となっています。

馬連は万馬券こそ3回にとどまっていますが、2千円未満の配当になったことはなく、5千円前後~9千円台が多くなっています。

3連複は7回も万馬券になっていますし、単勝10番人気以上の穴馬が述べ5頭、単勝50.0倍以上の大穴馬が述べ3頭馬券に絡んでいるため、荒れやすいと見て間違いありません。

 

上位人気馬の成績がこちらです。

  • 1番人気(1-1-2-6)
  • 2番人気(1-1-1-7)
  • 3番人気(2-0-1-7)
  • 4番人気(0-2-2-6)

総じて信頼できませんね。

1~4番人気が全て馬券圏外になったことも1度あります(2012年)。

5番人気以降の中穴馬~穴馬を軸にした方が良さそうで、穴党向けのレースと言えます。

 

次に騎手ですが、過去10年、2回以上勝っている騎手はおらず、毎年違う騎手が勝っています。

重賞常連のリーディング上位、中位の騎手がほとんど。

そんな中、最も多く馬券に絡んでいるのが田辺裕信騎手で、1勝、2着1回、3着1回となっています。

あとは、勝浦正樹騎手と北村宏司騎手が2着1回、3着1回。

内田博幸騎手が3着2回。

そんなところでしょうか。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013all

レース結果は以下の通りです。

1着⑬カラダレジェンド
2着⑦クインズハリジャン
3着⑥ラブリープラネット

配当は、馬連7,110円、3連複9,800円、3連単97,470円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めて、オッズ表はこちら。

2013

1番人気⑧が消えました。

ちなみに1番人気⑧は先日天皇賞・秋(GⅠ)を勝ったモーリスで、この時もR.ムーア騎手が騎乗していましたが、6着に敗れました。

それにしても、あまりコメントのしようがないオッズ表です・・・(苦笑)

とにかく1番人気⑧が怪しいことは確かですので、⑧以外から上手いこと買えれば良いのですが、1着の⑬や2着の⑦を軸馬としてピックアップできるかというと、ちょっと難しいですねぇ。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014all

レース結果は以下の通りです。

1着③セカンドテーブル
2着①サフィロス
3着⑨ニシノラッシュ

配当は、馬連9,560円、3連複9,620円、3連単89,780円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちら。

2014

この年は見事に断層手前の馬が1着になりました。

単勝30.0倍未満の頭数が11頭で×判定、馬連1番人気(9-4)のオッズも9.2倍で×判定(※8.0倍以上で×)ですので、「荒れる」と判断できます。

ただ、馬連1位~6位の上位人気馬の馬連オッズがそこまで高くありませんし、順位変動も多くありません。

11位の断層手前の馬が絡みそうではありますが、それほど好配当にはならないのでは?と予想できます。

案の定、最終1番人気と4番人気が絡み、馬連、3連複ともまずまずの配当に落ち着いてしまいました。

 

2015年

オッズ表とレース結果

2015all

レース結果は以下の通りです。

1着⑱ボールライトニング
2着⑮アドマイヤモラール
3着④シャドウアプローチ

配当は、馬連4,520円、3連複6,690円、3連単39,680円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2015

個人的にはあまり好きな形のオッズ表ではありません。

このように目立った断層がなくダラダラとオッズが続いている場合、穴馬が来ても配当が高くなりませんし、単勝30.0倍未満の頭数が14頭ととても多いので、相手を広げざるを得ず、点数が多くなってしまいがちです。

要するに、期待値が低いのです。

こういう形のオッズ表には注意しましょう。

ただ、実際に買っていたら、やはりC群(馬連9位~12位)以降の穴馬から狙っていたと思いますが・・・(苦笑)

 

まとめ

冒頭で述べた通り、荒れやすいレースであることは間違いありません。

しかし、2013年と2015年のオッズ表からお分かりの通り、断層手前の馬がなかなか来てくれないため、獲りやすいレースとは言えません。

もちろん2014年のように断層手前の馬から上手くいく場合もあるでしょうが、過度な期待はしないでおきましょう。

 

過去10年の結果から1番人気の信頼度が低い(勝率1割、連対率2割)ことが分かりますし、1~4番人気の上位人気馬だけで決着したことはありません。

単勝50.0倍以上の大穴馬の台頭にも警戒が必要ですが、基本的にはやはり5番人気以降の馬を軸馬にして、好配当を狙う戦略でいきたいレースです。

ただ、繰り返しになりますが、断層手前の馬があまりアテにならないので、注意したいと思います。

 

それでは以上、京王杯2歳S(GⅡ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で公開しておりますので、週末お待ちしております。

 

同じく今週末に行われるファンタジーS(GⅢ)、みやこS(GⅢ)についても既に投稿しておりますので、お見逃しなく!

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home