スポンサーリンク

1番人気を蹴って好配当を狙え!京成杯AH(GⅢ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表

重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

ニュージーランドのママさんジョッキー、リサ・オールプレス騎手に短期騎手免許が交付されたそうです。

リサ・オールプレス騎手に短期騎手免許交付

 

リサ・オールプレス騎手に関して個人的に忘れられないのは、2015年の新潟大賞典(GⅢ)です。

彼女が騎乗したナカヤマナイトを軸に、馬連3万馬券を獲ったのでした。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

うわ、1点1,000円も買ってる!

我ながら無茶しますね~・・・。

 

ナカヤマナイトを軸にした理由は前日朝一のオッズ表で単複上昇していたからですが、それでもまさか馬連3万馬券が獲れるとは思ってもいませんでした。

リサ・オールプレス騎手には感謝のひとことで、今年もぜひ頑張って欲しいと思います。

 

そういえば前日朝一のオッズ表に関する記事の投稿がすっかりご無沙汰してしまっていますね。

いずれ、その新潟大賞典(GⅢ)の前日朝一オッズ表を回顧したいと思いますので、どうぞお楽しみに。

 

さて、今回は京成杯AH(GⅢ)の過去の傾向を見ていきます。

このレース、とにかく1番人気が来ません。

1番人気の不振度は先週行われた新潟記念(GⅢ)以上で、穴党の私にとっては「買わずにはいられないレース」です。

ここを当てて上昇気流に乗りたいところですが、果たしてどうなるでしょうか?

 

それではいってみましょう!

 

スポンサーリンク

京成杯AH(GⅢ)、過去10年の結果と傾向

まずは、過去10年分の結果をざっくりと見てみます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

いかにも穴っぽい馬が並んでます。

1番人気は(0-0-1-9)で、過去10年で3着が1回だけという悲惨な成績になっています。

逆に非常に優れた成績を収めているのが2番人気で、その成績は(5-1-2-2)です。

買うなら断然2番人気!と言えますね。

ちなみに1番人気から4番人気の成績をまとめると(8-2-6-24)で、先週の新潟記念(GⅢ)よりはマシ。

2桁人気の穴馬は合計5頭が馬券に絡んでいて、そのうち2頭が単勝オッズが50.0倍を超える大穴馬でした。

 

次に騎手ですが、中山のレースだけあって美浦所属の騎手がほとんどですね。

田辺騎手が4年連続で馬券圏内に来ており、今年も要注目です。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

京成杯AH_2013_ALL

レース結果は以下の通りです。

1着⑦エクセラントカーヴ
2着⑧ダノンシャーク
3着⑨ゴットフリート

配当は、馬連1,500円、3連複6,860円、3連単28,410円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めてオッズ表はこちら。

京成杯AH_2013

単勝30.0倍未満が9頭と、×判定ではありません。

複勝3.0倍未満、複勝4.0倍未満も同様に×判定ではありませんので、C群(馬連9位~12位)以降の穴馬を軸に馬券を買うのは避けるべきです。

逆に言うと、馬券の中心はA群(馬連1位~4位)、B群(馬連5位~8位)を中心にすべきということです。

結果は、A-A-B型の小波乱となりました。

 

2014年

オッズ表とレース結果

京成杯AH_2014_ALL

レース結果は以下の通りです。

1着③クラレント
2着⑥ブレイズアトレイル
3着⑦ミトラ

配当は、馬連4,600円、3連複40,530円、3連単153,480円となりました。

ちなみにこの年は新潟での開催となりましたが、左回りのマイル戦がベストであるクラレントにとってはラッキーでしたね。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちらです。

京成杯AH_2014

こちらは単勝30.0倍未満が10頭で×判定、3連複は4万馬券となりました。

このように穴馬が2頭絡むレースでこそ、3連複を買うべきですね。

⑦を買えたかどうかがポイントですが、ハンデ戦という外的要因を考慮すれば十分に買えるオッズです。

 

2015年

オッズ表とレース結果

京成杯AH_2015_ALL

レース結果は以下の通りです。

1着⑫フラアンジェリコ
2着⑧エキストラエンド
3着⑬ヤングマンパワー

配当は、馬連62,380円、3連複268,440円、3連単2,227,820円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちらです。

京成杯AH_2015

上位人気馬全滅、なおかつ穴馬2頭のワンツーで大波乱です。

2着の⑧を軸にすることは全く不可能ではありませんが、1着の⑫を買うことは個人的にはできません。

いやはや、一度はこのような大荒れのレースで3連単を獲ってみたいものです。

唯一可能性があるとすれば12位の断層手前⑭⑧を軸に総流し!という買い方だと思いますが、それを実行するにはさらに重、不良馬場という強力な荒れる要因の後押しが欲しいところですね。

 

まとめ

荒れやすく、セオリー通りに選んだ軸馬が来やすいレースだと感じました。

単勝30.0倍未満の頭数が10頭以上で×判定となった場合に、C群(馬連9位~12位)、あるいはD群(馬連13位~16位)の位置に断層があれば、その手前の馬を軸馬にする、という買い方でOKだと思います。

相手選びが難しいですが、とにかく1番人気が来ないレースですので、1番人気を蹴って2番人気以降を相手にするのが良さそうです。

それと、大荒れとなった15年、勝ったフラアンジェリコの斤量は53キロでしたので、やはり軽ハンデ馬には警戒が必要です。

 

出走表を軽く見てみましたが、今年も混戦模様で激戦になりそうですね~。

レース前日、当日のオッズ表を楽しみに待ちたいと思います。

 

以上、簡単ですが京成杯AH(GⅢ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で好評配信中ですので、ぜひご利用ください。

(詳しくはこちらをどうぞ)

 

同じく今週末に行われる紫苑S(GⅢ)、セントウルS(GⅡ)についても投稿しておりますので、よろしければどうぞ。

 


PAGE TOP