断層手前の馬から狙え!毎日王冠(GⅡ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表

2016年10月7日重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

シンハライトが屈腱炎のため秋華賞(GⅠ)を回避するそうです。

オークス馬シンハライトが屈腱炎 秋華賞は一転大混戦に

 

残念ですね~。

・・・というのは表向きで、不謹慎かもしれませんが、穴党としては「これで秋華賞(GⅠ)が楽しみになった!」とつい思ってしまいます。

秋華賞(GⅠ)は来週10月16日(日)に行われますので、今週末の3日連続開催で資金を大きく膨らませておきたいところですね!

 

さて、今回はその3日連続開催中に行われる毎日王冠(GⅡ)を取り上げたいと思いますが、毎日王冠(GⅡ)、京都大賞典(GⅡ)と聞くと「秋も深まりつつあるなぁ」と感じます。

無性にサンマが食べたくなってきたぞぃ!

 

競馬で季節の移ろいを感じるようになって十数年経ちますから、競馬が生活の一部になっていることはもはや疑いようもありません(笑)

今年も残すところ3ヶ月、有馬記念(GⅠ)まで存分に楽しんでいきたいと思います。

それでは毎日王冠(GⅡ)、いってみましょう!

 

過去10年の結果と傾向

まずは、過去10年分の結果をざっくりと見てみます。

mainichi

馬連万馬券が3回、3連複万馬券が4回、3連単10万馬券が4回となっています。

2桁人気の穴馬が計4回馬券に絡んでいますし、結構荒れやすいと思っておいて良さそうです。

 

上位人気馬の成績は以下の通り。

  • 1番人気(3-2-1-4)
  • 2番人気(1-2-0-7)
  • 3番人気(1-0-0-9)
  • 4番人気(2-1-0-7)

1番人気こそまずまずの成績を収めていますが、2~4番人気は振るいません。

場合にもよりますが、穴馬を軸に馬券を買う際には、上位人気馬だけでなく中穴馬や穴馬も相手に含めて幅広く流した方が良さそうですね。

 

牝馬は計3回しか馬券に絡んでいませんが、その3回はダンスインザムードとウオッカという名牝によってもたらされたものですので、ここは牡馬中心に考えた方が良さそうです。

それでも、ルージュバックは切りづらいですよね。

 

騎手では福永祐一騎手が3勝していますが、今回はリアルスティールから降ろされたようです。

他は武豊騎手始め、大体いつも通りかなという顔ぶれですね。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013_all

レース結果は以下の通りです。

1着⑥エイシンフラッシュ
2着⑩ジャスタウェイ
3着⑦クラレント

配当は、馬連3,730円、3連複8,930円、3連単55,690円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めて、オッズ表はこちら。

2013

全体的には荒れない判定ですが、浜中騎手騎乗の1番人気⑤ショウナンマイティが飛んだことで、まずまずの配当になりました。

7位の断層手前⑦⑪を軸に3連複を買えば、簡単に的中できたレースでしたね。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014_all

レース結果は以下の通りです。

1着②エアソミュール
2着⑥サンレイレーザー
3着⑧スピルバーグ

配当は、馬連27,780円、3連複49,720円、3連単388,350円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2014

1番人気⑮は小牧太騎手騎乗のワールドエースで、13着に大敗しています。

馬連1番人気(15-8)が13.6倍もついていますので、C群(馬連9位~12位)の穴馬が来そうだと判断することはできます。

ただ、2着に来た⑥は9位と10位の断層より後ろに位置しており、ちょっと買いづらいです。

実際に買っていたら9位の断層手前②④を軸にしていたと思いますので、非常に歯痒い思いをしたでしょうね。

オッズ表次第ですが、⑥のようなオッズが高めの馬にも警戒が必要なレースだということは、覚えておいて損は無さそうです。

 

2015年

オッズ表とレース結果

2015_all

レース結果は以下の通りです。

1着⑬エイシンヒカリ
2着④ディサイファ
3着⑥イスラボニータ

配当は、馬連1,880円、3連複6,720円、3連単28,200円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2015

7位の断層を突破するかどうかの判断が鍵ですね。

全体的に馬連と単勝の順位変動はさほど激しくありませんし、上位7頭の複勝オッズ上限が全て4.0倍未満ですから、ここはC群の穴馬から入るよりも、7位の断層手前の馬から入った方が無難でした。

 

まとめ

2013年~2015年の各オッズ表で共通している点は、7位~9位の位置に断層があり、その断層手前の馬が必ず馬券に絡んでいる、ということです。

中位に断層ができていればその手前の馬を軸馬にし、1番人気が消えることも想定した馬券を組み立てると良さそうですね。

特に頭数が多い場合は、中位にできた断層より後ろの馬にも警戒が必要です。

 

今年は14頭が登録していましたが、1頭が出走を回避しました。

頭数が少なめですからあまり荒れないかもしれませんが、2010年には頭数10頭で4万馬券になっていますので、荒れる可能性を常に念頭に置いて予想したいと思います。

 

いずれにしても、天皇賞・秋(GⅠ)に向けて要注目ですね!

 

それでは、簡単ですが毎日王冠(GⅡ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で好評配信中ですので、ぜひご利用ください。

(詳しくはこちらをどうぞ)

 

また、同じく今週末に行われるサウジアラビアRC(GⅢ)についても投稿しておりますので、よろしければどうぞ。

 

以上です!

[adsense336_228]


PAGE TOP