スポンサーリンク

馬連5~8位の馬が来る!みやこS(GⅢ)、過去6年の傾向と過去3年分のオッズ表[2016年版]

重賞レース傾向分析

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

昨日行われたメルボルンカップ(豪GⅠ)、カレンミロティックは残念ながら惨敗でしたね。

最終オッズを使ってオッズ表を作ってみようかとも思いましたが、24頭立てであるため、オッズ表の枠が足りないことに気がつきました(苦笑)

レース結果と単勝オッズ(最終)を見る限りでは、断層手前の穴馬を軸にすれば、簡単に3連複3万馬券が獲れたのではないか?と推察できます。

仕事中、時々オッズを見ていました(笑)が、海外のレースに関しては、やはり発走1~2時間前のオッズを使ってオッズ表を作成するのが良さそうでした。

いずれにしても、発走が日本時間の平日昼間にも関わらず、7億円近く馬券が売れたことには驚きましたねぇ。

JRAとしては嬉しい誤算かと。

 

さて、今回は日曜日に行われるみやこS(GⅢ)を取り上げます。

本競走は、ジャパンカップダート(2014年よりチャンピオンズCに改称)の前哨戦として2010年に新設された重賞で、創設前年まで11月に京都競馬場・ダート1800mのオープン特別として行われていたトパーズSを重賞に格上げし、競走名を『みやこS』に変更したもので、京都競馬場・ダート1800mを舞台に3歳以上・別定重量の条件で争われる。

レースについて:みやこステークス 今週の注目レース JRA

とのこと。

11月3日(木・祝)に行われるJBC@川崎競馬場にダートの有力馬がかなり流れてしまっていますが、チャンピオンズC(GⅠ)に向けて、みやこS(GⅢ)からも目が離せません。

馬券的にはあまり面白くないようですが・・・。

 

それでは、過去の傾向とオッズ表を見ていきましょう!

スポンサーリンク

みやこS(GⅢ)、過去6年の結果と傾向

重賞に格上げされ、「みやこS」の名で行われるようになった2010年以降、過去6年分の結果をざっくりと見てみます。

ichiran

馬連万馬券が1回、3連複万馬券が2回、3連単10万円超が1回となっています。

荒れにくいと言いたいところですが、ここ2年の結果を見る限りではそうとも言えません。

ただ、単勝10倍人気以降の穴馬や、単勝オッズが50.0倍を超えるような大穴馬は一切来ていないので、荒れたとしても「程よく荒れる」程度のレースと言えそうです。

 

上位人気馬の成績がこちらです。

  • 1番人気(2-1-1-2)
  • 2番人気(3-0-0-3)
  • 3番人気(0-1-0-5)
  • 4番人気(0-1-2-3)

パッとしませんが、1番人気は複勝率67%ですので、まずまずと言えます。

1~4番人気全てが馬券圏外となった年はありませんが、1~4番人気だけで決まった年もありません。

毎年必ず5番人気以降の馬が絡んでいる点には注意しましょう。

したがって、上位人気馬を軸に5番人気以降の中穴馬~穴馬を絡める、あるいは逆に、5番人気以降の中穴馬~穴馬を軸に上位人気馬へ流す、という買い方が良さそうです。

 

次に騎手ですが、最も多く馬券に絡んでいるのが岩田康成騎手で、1勝、3着2回となっています。

ついで福永祐一騎手、浜中俊騎手、大野拓弥騎手がそれぞれ1勝、2着1回。

特に浜中俊騎手は単勝オッズが高めの穴馬で1、2着していますので、期待したい騎手です。

それから、酒井学騎手が2着1回、3着1回となっていますが、まぁ馬(ニホンピロアワーズ)のおかげでしょう。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013all

レース結果は以下の通りです。

1着③ブライトライン
2着⑪インカンテーション
3着⑥ローマンレジェンド

配当は、馬連3,200円、3連複5,000円、3連単28,290円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めて、オッズ表はこちら。

2013

単勝30.0倍未満の頭数は8頭と少ないですし、8位の位置に大きな断層があります。

それより後ろの馬は不要ですね。

馬連1番人気(3-6)のオッズが8.7倍とやや高めなので、軸馬は8位の断層手前⑪⑯で良いでしょう。

⑪⑯を軸に馬連と3連複のW的中も可能でしたが、1、2番人気が来てしまい、配当は落ち着いてしまいました。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014all

レース結果は以下の通りです。

1着⑭インカンテーション
2着④ランウェイワルツ
3着⑩ナムラビクター

配当は、馬連4,480円、3連複10,300円、3連単54,980円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちら。

2014

実際に買っていたら②⑪⑫辺りを軸にしていたと思いますが、それではハズレでした。

4位の位置に2.00を超える大きな断層があるため、上位4頭(⑤⑭⑩⑦)のいずれかが馬券に絡むことだけは確実と言えます。

このような場合は、上位人気馬を軸にして下位人気馬を絡める、という買い方の方が良いかもしれませんね。

 

2015年

オッズ表とレース結果

2015all

レース結果は以下の通りです。

1着②ロワジャルダン
2着④カゼノコ
3着①ローマンレジェンド

配当は、馬連12,120円、3連複19,410円、3連単180,390円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2015

過去6年で最も配当が高かったレースのオッズ表、ということになります。

不良馬場という強力な外的要因はありますが、少頭数で単勝30.0倍未満の頭数が少ないですし、馬連1番人気(11-9)のオッズも5.8倍と低めです。

よって、10位の断層手前の馬よりも、7位の断層手前の馬を軸にした方が上手くいく確率が高いレースでした。

なんて、結果を知った上では何とでも言えますね・・・。

 

まとめ

比較的傾向がはっきりとしているレースです。

不良馬場の2015年以外は、1~4番人気が2頭絡み、5~9番人気の馬が1頭絡むという構造になっているので、3連複はとりあえず以下のフォーメーションを検討してみると良さそうです。

1頭目:単勝1~4番人気
2頭目:単勝1~4番人気
3頭目:単勝5~9番人気

言わずもがなですが、カットできる馬はカットして、なるべく点数を少なくすると、回収率が上がりますね。

 

過去3年分のオッズ表の共通点としては、C群(馬連9位~12位)以降の穴馬、大穴馬が全く来ていないということです。

不良馬場の2015年でさえB群(馬連5位~8位の馬)で止まったという事実を念頭に置いて、予想に臨みたいと思います。

※ただし、2015年は11頭立ての少頭数であった点もお忘れなく。多頭数ならもっと荒れていた可能性があります。

 

とにかく、A群(馬連1位~4位)の上位人気馬だけで馬券を組み立てず、B群以降の中穴馬~穴馬を絡めると上手くいきそうですね。

 

それでは以上、簡単ですがみやこS(GⅢ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で公開しておりますので、週末お待ちしております。

 

同じく今週末に行われるファンタジーS(GⅢ)についても既に投稿しておりますので、お見逃しなく!


PAGE TOP