見送り前提で臨みたい!関屋記念(GⅢ)、過去の傾向(2013年、2014年のオッズ表回顧)

カテゴリー: 重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今週も、はや金曜日ですね。

今日は休みにして連休にしたという方も少なくないと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?

リオデジャネイロオリンピックでは連日続々と競技が行われていますし、甲子園でも熱戦が繰り広げられています。

加えてお盆、さらに競馬も待っていますから、時間があっという間に過ぎてしまいますね。

 

さて、その競馬ですが、今週末はサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念(GⅢ)、そしてエルムS(GⅢ)が行われます。

 

昨日はエルムS(GⅢ)を取り上げましたが、昨年(2015年)の分のオッズ表がなく、仕方がないので2013年と2014年のオッズ表のみを振り返りました。

 

今回は関屋記念(GⅢ)の過去の傾向を分析します。

エルムS(GⅢ)同様に、昨年(2015年)のオッズ表がありません。

ご了承くださいm(__)m

といっても、あくまで大事なのはレース前日、当日のオッズ表です。

今週末はちょうどお盆ですが、いつも通りオッズ表を配信する予定でおりますので、どうぞお楽しみに!

 

それでは、2013年と2014年の関屋記念(GⅢ)のオッズ表を振り返ります。

 

関屋記念S(GⅢ)、過去5年の結果と傾向

まずは過去5年分の結果です。

関屋記念

偶然だと思いますが、4番人気が3回勝っています。

過去5年の結果を見る限りでは、穴馬の1、2着には期待できません。

昨年(2015年)こそ単勝オッズが23.6倍の9番人気が絡んでいますが、その他の年は良くて15.0倍前後の中穴馬が絡んだ程度で、「あまり荒れないレース」と見て良さそうです。

ただ、過去5年より前に遡ると2桁人気の穴馬が馬券に絡んだことも少なくありませんので、警戒は必要です。

 

それでは、2013年と2014年のオッズ表を振り返ってみましょう。

以下、オッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013

レース結果は以下の通りです。

1着①レッドスパーダ
2着⑯ジャスタウェイ
3着③レオアクティブ

配当は、馬連1,220円、3連複2,620円、3連単17,110円となりました。

 

後付け解釈

結果を知った上での好き勝手な後付け解釈です。

2013馬連・単複バランス表

単勝30.0倍未満の頭数が7頭と少ないですし、馬連1番人気(16-12)のオッズも5.8倍と低めです。

荒れることは期待できず、6位の断層手前の馬で決着しそうですね。

2位の位置に馬連と単勝で揃った断層があり、1、2番人気が若干抜けている形です。

ただ、断層は大きくありませんし、1、2番人気⑯⑫の単複オッズはやや高めですので、1、2着が⑯⑫の2頭で決まる確率は低そうだと判断できます。

よって、馬連を買うなら⑯⑫を軸に③①⑦⑤へ流す、というフォーメーションが良いレースでした。

しかし、実際には6位の断層手前の⑦⑤を軸にしていたと思いますので、的中できなかったと思います。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014

レース結果は以下の通りです。

1着⑬クラレント
2着⑦ダノンシャーク
3着①サトノギャラント

配当は、馬連1,990円、3連複7,000円、3連単39,800円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちらです。

2014馬連・単複バランス表

こちらは単勝30.0倍未満が12頭で×判定、馬連1番人気(7-11)のオッズは12.3倍と高いです。

全体的に順位変動が少ないのは気になりますが、実際に買っていたら、荒れることを前提にC群(馬連9位~12位)の馬(⑭⑧④⑩のいずれか)を軸にしていたと思います。

結果的には上位3頭(⑦⑪⑮)が勝ちもせず、荒れることもなかったという非常に中途半端なレースになってしまいました。

このようなレースはお手上げで、どうしようもありません。

「見送り」と判断して手をつけないことが最善の選択でしたが、果たして「見送り」と判断できていたかどうか・・・。

 

まとめ

2013年と2014年のオッズ表しか振り返ることができませでしたが、何とも微妙なレースですね。

荒れるイメージがあったのですが、そうでもないようです。

ただ、昨年(2015年)は3連複25,190円とまずまずの好配当になったように、(荒れることが)全然期待できないレース、というわけでもないようです。

 

対策らしい対策は全く思いつかないので、結局のところレース前日、当日のオッズ表に頼るしかないのですが、このレースに関してはとにかく消極的な姿勢で臨みたいと思います。

ちょっとでも迷ったら見送る、という感じで。

一番困るのは2014年のような「結果的に全然荒れなかったレース」になってしまうことで、そのような「絶対に獲れなかったレース」を回避することも「勝ち」、ですから。

 

以上、抽象的な終わり方ですみませんが、関屋記念(GⅢ)の傾向分析でした。

 

メインレースのオッズ表は毎週無料で好評配信中です。ぜひご利用ください。

(詳しくはこちらをどうぞ)

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home