3連複がおススメ!シリウスS(GⅢ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表

カテゴリー: 重賞レース傾向分析

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

2016年4月末に開設した当ブログ『穴馬がゆく』ですが、月間1万PVを突破しました!

と言ってもどう評価して良いのか全く分からないのですが、「月間1万PV達成したよ、わ~いわ~い!」なんて記事をよく目にしますので、ブロガーにとっては一つの目標、到達点であるものと思われます。

とにかく、こんなマイナーなテーマを扱ったブログにも関わらず読んで下さる皆様、本当にありがとうございます!

これを励みに今後も粛々と継続していきたいと思いますので、どうぞ読んでやってくださいませ~m(__)m

 

さて、今週末はシリウスS(GⅢ)とスプリンターズS(GⅠ)、そして凱旋門賞(GⅠ)が行われます。

普通、日曜日の最終レースが終わったら、「あ~今週も疲れた、解散!」となるわけですが、今週末はその後さらに凱旋門賞(GⅠ)で馬券が買えるわけです。

窓口で「特券10枚!」なんて言って馬券を買っていた時代からすると隔世の感がありますね。

 

それでは、今回はシリウスS(GⅢ)の過去の傾向を見ていきます。

スプリンターズS(GⅠ)と凱旋門賞(GⅠ)の注目度が圧倒的に高いでしょうから、シリウスS(GⅢ)を取り上げたところであまり読んでいただけないだろうな~と思いましたが、とりあえず記事にしてみました(苦笑)。

全体的にテンション低めかもしれませんが、お許しください。

 

シリウスS(GⅢ)、過去10年の結果と傾向

まずは、過去10年分の結果をざっくりと見てみます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ハンデ戦ですが、馬連万馬券は一度もありませんし、あまり荒れない印象ですね。

ただ、3連複万馬券が4回ありますので、それなりに荒れる時もあると思っておいて良いです。

 

1番人気は(3-2-1-4)で勝率3割、連対率5割、複勝率6割と、良くも悪くもない感じ。

1番人気よりも連対率が高いのが3番人気で、(2-4-0-4)となっています。

1、2、3番人気が全て馬券圏外になった年はありませんので、3連複の相手筆頭には持ってこいです。

 

2桁人気の穴馬は06年に11番人気が3着に来ただけで、以降全く馬券に絡んでいませんので、極端な穴馬を狙うのはナンセンスですね。

牝馬の活躍も少なく、計2頭しか馬券に絡んでいません。

 

騎手で目立つのは小牧太騎手で、1勝、2着3回、3着1回と、過去10年で5回馬券に絡んでいます。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013_all

レース結果は以下の通りです。

1着②ケイアイレオーネ
2着⑬ナイスミーチュー
3着⑪グランドシチー

配当は、馬連3,100円、3連複11,150円、3連単77,120円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めてオッズ表はこちら。

2013

単勝30.0倍未満が8頭と、×判定ではありません。

馬連8位の位置に2.92の大きな断層がありますので、その手前の馬だけで決着しそうだと判断できたと思います。

ただ、ハンデ戦ということもあり、A群(馬連1位~4位)の馬だけで決着することは無さそうです。

B群(馬連5位~8位)の馬から軸馬をピックアップするのが良いですね。

単勝7位の断層手前⑭⑪を軸に3連複を買えば、楽々と万馬券を的中することができました。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014_all

レース結果は以下の通りです。

1着④クリノスターオー
2着⑩ナムラビクター
3着⑦トウシンイーグル

配当は、馬連840円、3連複4,280円、3連単15,330円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちらです。

2014

このレースも単勝30.0倍未満が8頭で、×判定ではありません。

ハンデ戦という外的要因を考慮しても、7位の断層手前の馬だけで決着しそうだと判断できます。

上位人気馬が2頭絡んでつまらない結果になってしまいましたが、7位の断層手前⑤⑦を軸に3連複を買えば余裕で的中できました。

⑤⑦から馬連で買ってしまった場合はハズレでしたね。

 

2015年

オッズ表とレース結果

2015_all

レース結果は以下の通りです。

1着②アウォーディー
2着⑧ダノンリバティ
3着③ナムラビクター

配当は、馬連850円、3連複1,130円、3連単6,810円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表はこちらです。

2015

荒れそうな感じがしなくもないですが、強気にはなれません。

馬連6位、馬連8位の位置に断層がありますが、それらの断層を横断するように馬連と単勝で順位変動が発生しているため、断層手前の馬がアテにならない感じがします。

結果的には上位人気馬3頭で決着したわけですが、1位の⑧から5位の⑨まで馬連、単勝、複勝の順位がキレイに揃っていますので、このレースの型は「上位人気馬安定×下位人気馬不安定」だったのかもしれません。

C群(馬連9位~12位)の⑥⑦あたりは「3着なら」と感じさせるオッズをつけていますが、上位人気馬が安定しているレースでは、穴馬は来ませんね。

ギャンブルで下位人気馬から買うのは避けるべきレースでした。

 

まとめ

B群に断層があればその断層を重視し、断層手前の馬から買い上がるのが良さそうです。

ただし、上位人気馬(A群)の安定度を十分に検証する必要があります。

 

馬券は馬連よりも3連複が良いですね。

もちろん状況次第ですが、B群(あるいはC群)の軸馬 – 単勝1、2、3番人気 – それ以外の馬(A群、B群中心) というフォーメーションで、B群以降の馬が2頭絡んだ時の好配当を狙うのが良さそうです。

 

いずれにしてもダート戦ですし、今年も少頭数になりそうなので、「楽しみ!」という感じはしませんね。

 

以上、簡単ですがシリウスS(GⅢ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で好評配信中ですので、ぜひご利用ください。

(詳しくはこちらをどうぞ)

 

関連コンテンツ

過去記事

ご案内

このブログについて

オッズ馬券師「あなうまさん」が運営する競馬ブログです。

ほぼ毎週のオッズ表配信を始め、レースの予想や購入馬券の買い目、レース回顧などの記事を投稿しております。詳しくはこのブログについてをどうぞ。

プロフィール

あなうまさん

あなうまさん

競馬歴10年以上のオッズ馬券師。基本的に穴馬を軸にするスタイルで、過去、払戻し100万円超え4回、万馬券的中は数知れず。オッズ表を作成するプログラムを組み、競馬予想に活用している。

オッズ競馬予想に欠かせない「オッズ表」を好評配信中!

詳しくはオッズ表の配信についてをどうぞ。

オッズ競馬予想をマスターしませんか?

オッズ競馬予想なら100万馬券も夢ではありません!詳しくはオッズ表の見方・予想の仕方をどうぞ。

的中証明

最近の高額的中

2016年12月18日(日)中京7Rで30万馬券的中!

詳しくはこちらをどうぞ!

【的中実績】3連単30万馬券大的中!!泥臭くてカッコ悪い買い目だったけど・・・(2016年12月17日、18日)


2016年8月7日(日)小倉記念(GⅢ)で30万馬券的中!

20116年小倉記念(GⅢ)

詳しくはこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


home