スポンサーリンク

好配当を期待しつつも冷静に!スワンS(GⅡ)、過去10年の傾向と過去3年分のオッズ表[2016年版]

重賞レース傾向分析

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

オッズ馬券師あなうまさんです。

 

今回はスワンS(GⅡ)を取り上げます。

とにかく荒れるレースとして知られていますよね。

マイルCS(GⅠ)の前哨戦という位置づけですが、マイラーだけでなくスプリント路線からも出走してくるので、予想が難解になりがちです。

こういうレースでこそオッズ表をうまく活用して、ドカンと花火を打ち上げたいものです。

 

それでは、最低限の予習をしていきますので、どうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

スワンS(GⅡ)、過去10年の結果と傾向

まずは、過去10年分の結果をざっくりと見てみます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

馬連万馬券が3回、3連複万馬券が8回、3連単10万円超が6回となっています。

ここ2年は荒れていませんが、やはり非常に荒れやすいレースと見て間違いありません。

何せ3連複万馬券が8回ですから、もう荒れる前提で馬券を組み立ててしまった方が良いとさえ言えそうです。

 

しかも、荒れ方が実に良いですね~。

単勝オッズが50.0倍を超える大穴馬は1頭しか絡んでおらず、単勝オッズ20.0倍~30.0倍台の穴馬が多い。

極端な大穴馬ではなく、十分馬券圏内と判断できるほどよいオッズの穴馬が来てくれるため、荒れるけど獲りやすいレースであると言えます。

穴党としては嬉しい限り!

 

さて、上位人気馬の成績を見てみましょう。

  • 1番人気(2-1-0-7)
  • 2番人気(1-0-1-8)
  • 3番人気(3-2-2-3)
  • 4番人気(1-2-1-6)

1、2番人気はイマイチですね。

逆に3番人気は買いで、勝率3割、連対率5割、複勝率7割となっています。

4番人気もまずまず。

 

意外ですが、単勝1~4番人気が全て馬券圏外となった年はありませんので、3連複や3連単の相手筆頭には持ってこいです。

したがって、3連複ならまずは以下のフォーメーションを検討してみると良いかと思います。

1頭目(軸馬):穴馬(単勝オッズ20.0倍~30.0倍台)
2頭目(相手筆頭):単勝1~4番人気
3頭目(ヒモ):中穴馬(単勝5~8番人気)

 

次に騎手ですが、とにかく福永祐一騎手が凄い。

1勝、2着2回、3着3回で、合計6回も馬券に絡んでいます。

このところ好調で、秋華賞(GⅠ)を勝ち、菊花賞(GⅠ)では2着ですから、京都が得意なんでしょうね。

 

それから、浜中俊騎手が2勝。

柴山雄一騎手が1勝、2着1回。

四位洋文騎手が2着2回、池添謙一騎手も2着2回。

岩田康誠が3着2回。

こんなところでしょうか。

 

最後に、牝馬は延べ4頭しか馬券に絡んでいないので、牡馬中心で良さそうです。

 

それでは、過去3年分のオッズ表を振り返っていきましょう。

以下のオッズ表は全てレース当日午前9時30分のもので、赤=1着、黄=2着、水色=3着です。

 

2013年

オッズ表とレース結果

2013all

レース結果は以下の通りです。

1着⑩コパノリチャード
2着⑨ダイワマッジョーレ
3着⑦サダムパテック

配当は、馬連6,770円、3連複55,880円、3連単426,890円となりました。

 

後付け解釈

いつも通り、結果を知った上で好き勝手に解釈してみたいと思います。

改めて、オッズ表はこちら。

2013

うん、理想的ですね!

11位の断層手前の穴馬⑦が来て、なおかつ1番人気⑬を始め上位人気馬が飛んだことで、3連複は5万馬券の好配当です。

3着に来た⑦は複勝オッズが7.5~10.5倍と高めですが、13時時点では4.5~6.6倍にまで下がっていましたので、十分に買える穴馬でした。

時系列オッズを見る手段がないという方にとってはちょっと難しいレースだったかもしれませんが、稍重という外的要因を考慮すれば、このオッズ表だけでも十分的中可能だったと思います。

馬場状態は大事ですね。

 

2014年

オッズ表とレース結果

2014all

レース結果は以下の通りです。

1着⑪ミッキーアイル
2着⑫サンライズメジャー
3着⑤フィエロ

配当は、馬連1,280円、3連複1,520円、3連単7,020円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2014

単勝30.0倍未満の頭数が9頭と×判定ではありませんし、馬連1番人気(11-5)のオッズも高くありません。

見送りが妥当かと。

実際に買っていたら、馬連8位の断層手前④②を軸馬にして、1番人気⑪が飛んだ時の好配当を狙っていたかもしれませんが、そういう欲を出すと痛い目に合いますね。

 

2015年

オッズ表とレース結果

2015all

レース結果は以下の通りです。

1着⑪アルビアーノ
2着⑭フィエロ
3着⑨オメガヴェンデッタ

配当は、馬連910円、3連複2,710円、3連単12,830円となりました。

 

後付け解釈

改めて、オッズ表がこちらです。

2015

う~ん、これは厳しい。

単勝30.0倍未満の頭数は12頭で×判定ですし、馬連1番人気(14-11)のオッズも高いです。

12位まで目立った断層もありませんし、これは荒れて欲しかった!

実際に買っていたら、C群(馬連9位~12位)の⑦④⑧⑩から軸馬を選んで、3連複、馬連で勝負していたと思います。

 

ただ、もう少し馬連と単勝の順位変動が激しい方が理想的ですね。

加えて、馬場が渋るとなお良いです。

先に見た2013年のオッズ表とよく似ているにも関わらず荒れなかったのは、馬場状態の違いかもしれません。

 

まとめ

過去10年の結果から荒れやすいという傾向ははっきりしていますが、過度な期待、過信は禁物です。

お香でも焚いて(笑)、冷静に判断したいと思います。

 

しかし、馬場が渋ったとなれば話は別!

多少疑問符が付くオッズ表でも、強気に、大胆に攻めて良いですから。

関連記事:90万馬券の的中証明書で実証!3連単100万馬券を狙うなら稍重、重、不良馬場のレースが持ってこい!

今週末、京都は金曜日から土曜日にかけて降雨がある予報ですので、楽しみにしたいと思います。

・・・っと、過度な期待はご法度でしたね。

 

あくまでオッズ表次第ですが、軸馬を選ぶなら間違いなくC群(馬連9位~12位)の馬が良いです。

先の述べた通り、過去10年で単勝1~4番人気が全て馬券圏外となった年はありませんので、相手筆頭(3連複の2頭目)は上位人気馬でOKです。

ただ、ヒモ(3連複の3頭目)は幅広く取っておき、万が一の「穴馬2頭来たー!」に備えておくべきかと思います。

 

それでは、レース当日のオッズ表を待つとしましょう。

 

以上、簡単ですがスワンS(GⅡ)、過去の傾向でした。

メインレースのオッズ表は毎週無料で公開しておりますので、週末お待ちしております。

 

同じく今週末に行われるアルテミスS(GⅢ)については既に投稿しておりますので、お見逃しなく!


PAGE TOP